【年代別】転職成功の秘訣を伝授!作戦を立てるが勝ち

転職成功

転職は人生のビッグイベントの1つです。

仕事をしていかなければ、暮らしを成り立たせていくことが難しいので、人間は働かねばなりません。

しかしながら、一度就職をした会社に定年まで勤め上げるという世の中では、なくなってきました。

「今の仕事に満足ができない」「他の職場に変えてみたら、何かが変わるかもしれない」と考えて、転職を決断する人も多いのです。

でも、転職を簡単に考えてはいけません!

転職をしたから、必ず成功するというわけでもないのです。

そこで今回は「転職成功の秘訣」を伝授いたします。

転職を決意する前に、考える3つのこと

転職を成功させる3つのコツ

「あ~仕事を辞めたい」「もう、嫌になっちゃったな」と思った時が、転職のタイミング…では、ありません!

会社員にとって、1日24時間の中で一番大きな割合を占めるのが「仕事」という人も少なくありません。

終電で帰宅して、始発で出勤しなければならないくらい忙しい人の場合、自宅で過ごす時間よりも会社で過ごす時間の方が長い場合もあるのです。

つまり、そのくらい「仕事」が1日のうちで占める割合は、とても大きいということです。

だからこそ、転職は簡単に決意するものではありません。

むしろ慎重に考えて、進めるべきことです。

さて、転職を決意する前にはどんなことを考えるべきなのでしょうか?

1.次の職が簡単には見つからないリスクもある

転職を成功させるためにはリスクがある

ハッキリ申し上げて、退職をするのは簡単です。

会社に理由を話して退職届を出すだけで、自分が思っている以上にあっさりと退職手続が進んでいくと思われます。

しかしながら、辞めたところで次の職が簡単に見つかるとは限りません。

人手不足の世の中とは言われていますが、あなたがすぐに次の職が見つかるかどうかは、また別問題です。

中には、転職を決意しただけで、次の職が見つかると勘違いしている人も少なくありませんが、転職を考える時には、次の職が簡単に見つからない場合もあるということを考えておくことも大切です。

2.転職成功への道のりは楽ではない

転職成功への道のりは楽ではない

転職活動は、決して楽ではありません。

さまざまな転職サイトや転職エージェントが充実していますし、転職が当たり前の世の中になっているので、確かに転職をする環境は整っています。

しかしながら、大学3年時の就職活動の時期とは違って、責任のある仕事を続けながら新しい職を探していくわけですから、楽なわけがありません。

例え、一旦会社を辞めた上で転職活動をしていく場合でも、新卒時とは違ったプレッシャーや緊張感があるはずです。

ちょっと頑張れば、きっと次の職が見つかるだろうと甘く考えてはいけません。

転職成功への道は、決して楽ではないと覚えておくことが、大切です。

3.転職をしなくても、毎日は変わるかもしれない

転職に成功しなくても、毎日は変わるかもしれない

「職場を変えれば、すべてが変わると思う」「毎日を変えたいのなら、まずは仕事を変えなきゃ!」と偏った考えになっていませんか?

確かに1日のほとんどを過ごす会社にストレスを感じている場合、会社を変えれば、気持ちもリフレッシュして全てが解決すると考えたくなる気持ちも分かります。

しかしながら、転職をすれば、すべてが解決というものではありません。

転職をして、更に過酷な状況に追いやられてしまう可能性もあるのです。

もしかしたら転職をしなくても、あなたの気持ちや状況を変えることができるかもしれません。

例えば、部署異動願いを提出してこれまでの業務とはガラッと異なる部署で働かせてもらうことにするとか、副職を始めてお金と心の余裕を生み出すとかです。

転職は、これまで築き上げてきたものをリセットすることですが、社内の部署異動や副職は全部がリセットされるわけではないので、リスクも少なくて済みます。

以上が、転職を決意する前に考えるべき3つのことです。

転職が当たり前の世の中になってきているので、中には「ノリで会社を辞めた」「同期が辞めたから、自分も辞めた」など、実に安易な考えで転職を決断する人もいます。

けれども、そんなに甘くはないということを知っておくべきです。

転職成功のカギは、作戦ありき

転職成功のカギは、作戦ありき

転職成功のカギは、作戦を立てて活動をおこなっていくことです。

「がむしゃらに頑張れば、絶対に努力は報われる!」と手当り次第に転職活動をしていく人もいるでしょう。

もちろん努力が報われないことはありませんが、効率的かというとそうではないかもしれません。

現在の仕事をきちんとこなしながら、履歴書を書いて、面接の日程を調節して、情報収集をしていくのは、想像以上に大変です。

だからこそ、転職を成功させるためには、作戦を立てて効率的に進めていくことが大切です。

作戦なしで進めてしまった失敗談

転職成功が遠のいた。作戦なしで進めてしまった失敗談

転職活動を作戦なしで進めてしまった場合、いろんな失敗をする人もいるようです。

そのエピソードをまとめてみました。

失敗談1.妥協して、また転職(20代・男性)

現在の仕事を続けながら、新しい仕事を見つけることが、精神的にも体力的にもこんなにしんどいと思いませんでした。

最初は自分の希望通りの職場を見つけようと思いましたが、就職活動を進めるうちに「もう、どうでもいいや」と思うようになりました。

そこで最初に引っかかった会社に「もういいや!」という気持ちで、入社をしてしまうことにしました。

でも、それが大間違いでした。

適当に選んでしまった会社に満足がいくはずもなく、これなら転職をしなければよかったと後悔してしまう自分に気が付きました。

転職活動を早く終わらせたいという気持ちを優先してしまったせいで、転職を繰り返して、仕事が長続きしない男だと思われてしまうような気がしました。

失敗談2.完全なるキャパオーバー(30代・男性)

予定が詰まっている自分が意外と好きなのですが、転職活動をしながら、いつも通り仕事をこなしていくのは予想以上につらかったです。

大事な会議の最中だと、転職希望先から電話があっても出ることができませんし、面接予定を調整しても、仕事が入ってキャンセルせざるを得ない状況が続いてしまいました。

何も考えずに転職活動を始めてしまいましたが、もっと自分の仕事状況を考えながら、使える時間やツールを見極めて進めるべきでした。

僕のように現職が忙しい場合は、転職エージェントなどを頼って進めるべきだと思いました。

【20代の転職成功の秘訣】初めての転職。経験がない分、人間力で勝負

20代の転職成功の秘訣

何の計画もなしに転職活動を進めた場合、膨大な時間を費やしたのに、満足のいく就職活動ができなかったという場合も少なくありません。

はじめての転職を20代で迎える人は多く、まず入社3年目が大きな転機となる人も珍しくはありません。

「もう、何から始めればいいの?」というのが、20代ではじめて転職をする人の特徴です。

さて【20代の転職成功の秘訣】とは?

秘訣1.最初に、転職の流れを要チェック

転職を成功させるには?転職の流れを要チェック

はじめての転職活動だからこそ、転職活動は見切り発車せずに、慎重に考えるべきです。

まずは、転職の流れをチェックしていきましょう。

  1. 転職をする理由、目的を考える
  2. 1人で進めるのか、エージェントなどのサポートを受けるのか決める
  3. 情報収集(気になる企業やジャンルをリサーチする)
  4. 履歴書を書いて、提出する
  5. 書類選考
  6. 面接(転職の場合1~2回で決まることもあるが、基本的には3回程度)
  7. 結果待ち
  8. 内定

ざっとこのような流れで、転職活動を進めていきます。

大事なのは4~6番だと思っている人も多いのですが、実は1~3番の方がずっと大切です。

特に転職する理由や目的がハッキリしない以上は、転職はすべきではないですし、成功もしません。

転職を一度決意して流れを確認したとしても、もう一度しっかりと考えて、転職を進めるべきです。

秘訣2.未経験者優遇案件について知っておく

未経験者優遇案件が転職成功のカギ

20代の転職者が注目する案件の1つに「未経験者優遇案件」があります。

はじめての転職を考える20代に多いのが「もっと他の仕事にチャレンジしてみたい」「やっぱりやりたいことが違う」などの転職理由です。

同じ職種・業界というよりは、未経験の分野にチャレンジしてみようという気持ちが強い傾向にあるのが、20代の転職です。

そこで、未経験者でも優遇されるような案件に応募する機会が多くなるのです。

しかしながら、企業が未経験者優遇案件と出しているからと言って、必ず未経験者を採用するとは限りません。

未経験者と経験者が同じ土俵に上がった場合、どうしても経験者が有利になるのは仕方のないことです。

20代の転職者は、未経験優遇案件でも必ず未経験者が雇われるわけではないと、把握しておきましょう。

秘訣3.経験がないから、人間力で勝負

転職を成功させるには人間力で勝負

転職の場合、企業は求職者の経験や実績、スキルなどが自社に役立てられるかどうかを吟味して選んでいく場合が多いです。

しかしながら、20代の転職の場合、経験や実績で本当にアピールできるのでしょうか?

5年以上続けた場合はまだしも、前職を3年経たないうちに退職していた場合、第二新卒と言われる立場となり、経験や実績ではなかなか優遇されにくいからです。

ですから、20代の転職の場合は経験や実績というよりは、その人自身の人間力は判断材になる場合が多いです。

数年社会に出て働いているということで、一般的な常識や社会人としての振る舞いは一通り身に付けていると判断される、第二新卒。

この場合、いかに企業に自分の長所や、新しい職場で働く熱意を伝えられるのかがポイントになります。

秘訣4.途中で、妥協しない!

転職を成功させるためには途中で、妥協しない

20代の転職者に話を聞くと「大学時代の就活もきつかったけど、転職活動はまた違った意味で大変」という声が聞こえてきます。

自由気ままに過ごしていた学生時代とは違って、責任を伴う仕事をしながらの転職活動は、心身共に大きなエネルギーを必要とします。

ですから、20代の転職は途中で「もう、ここでいいか」と妥協したくなる気持ちも芽生えてきてしまうことが多いのです。

でも、妥協して転職先を決めても、転職が成功とは言えません。

20代での転職は決して楽ではありませんが、途中で妥協しないことが、成功への近道です。

以上が、20代の転職成功の秘訣です。

20代は自分ではたくさんの経験をしたつもりでも、面接官の捉え方によっては、経験や実績を判断材料にされない場合もあります。

だからこそ、あなた自身の人間力でアピールをしていきましょう。

貴重な社会人経験を通して、自分がどのように成長してきたのか、今後のどのように活かしていけるのかを具体的に考えておきましょう。

【30代の転職成功の秘訣】転職目的をハッキリ!人生変える転職

30代の転職成功の秘訣

30代の転職は20代の頃とは、すこし違います。

未経験の分野にチャレンジしたいという転職よりも、これまで築き上げてきた経験や実績を活かして、キャリアアップしていきたいという人が増えてきます。

30代になると結婚をしたり、子供がいる人も多いでしょうから、転職は自分1人だけの決断ではなくなってくるでしょう。

人生を変える転職になるからこそ、転職目的をハッキリさせておくことが大事です。

さて【30代の転職成功の秘訣】とは?

秘訣1.転職の目的をハッキリさせる

成功の秘訣は転職の目的をハッキリさせる

30代になると、自分の今後の人生を大きく左右するような出来事が起こってきます。

運命の人と巡り合い結婚をしたり、子供という守るべき存在ができたり、実家の両親の介護が必要となったりと、さまざまです。

中には20代の頃と変わらぬ毎日を過ごしている人もいるでしょうが、今後の自分の人生について、より真剣に考える年齢へとなってくるでしょう。

だからこそ、30代での転職は「ノリ」や「周りの影響」で決断すべきではないのです。

30代の転職を決断する時には、転職の目的をハッキリとさせておきましょう。

例えば、こちら。

  • お給料を増やしたい
  • 家族との時間を増やすために、定時帰宅できる仕事に就きたい
  • 結婚を機に、夜勤のない職業に就きたい
  • 新しい分野の仕事にチャレンジしたい
  • 育休・産休が取れる職場に移りたい

転職目的をハッキリさせておけば、こんなはずではなかったと後悔することも少なくなるはずです。

秘訣2.家族ときちんと相談をする

転職成功させるためには家族ときちんと相談をする

家族や守るべき人がいる場合は、1人で決めることなく、きちんと相談することをおすすめします。

転職をすると、これまでの生活がガラリと変わってしまうことがあります。

独身ならば自分にしか影響がありませんが、これから家族になろうと思っている人がいたり、すでに結婚して家族がいる場合は、一緒に転職を決断しましょう。

転職活動中は心身共に大変な時期がくるので、そんな時に近しい人の励ましは大きな力となるでしょう。

「働くのは自分なんだから、自分で決めてもいいだろう」と考える人もいますが、誰のために働くのか、何が家族にとって幸せなのかを考えながら、転職活動を進める方がきっと気持ちも豊かになります。

秘訣3.最後の転職だと腹をくくる

転職の成功への覚悟!最後の転職だと腹をくくる

キャリアアップのために何度も転職を繰り返す人もいますが、その度にお給料が上がっていくのは一部の人です。

特別なスキルを持っていて引く手あまたの人や、誰にも負けない経験や実績を積み重ねて、一目置かれるような存在の人だけです。

一般的には転職を3回以上繰り返す人に対して、あまり良いイメージを抱かない企業が多いです。

「うちで雇ってもすぐに辞めるんだろう?」「気にくわなかったら辞めればいいと思っているのではないか?」と勘違いされてしまう人も少なくありません。

採用基準の1つに年齢も重要な条件として加えられており、35歳を過ぎるとガクッと求人件数が減ってしまう傾向にあります。

ですから、30代の転職の場合は「これが最後だ」という強い覚悟を持って、転職活動に取り組んでいくことをおすすめします。

それが、転職成功の秘訣です。

秘訣4.転職活動は効率的に

転職活動は効率的して転職を成功させる

30代ともなれば、企業では中堅社員です。

1人1人の責任も大きくなり、中には管理職として部下をマネージメントしている人もいるでしょう。

現在のお仕事が忙しくなる30代だからこそ、転職成功の秘訣は、いかに効率的に進めるかです。

限られた時間の中で転職を成功させたいのなら、しっかりと計画をたてること、そして転職サイトやエージェントなどの便利ツールをどんどん活用していくことです。

本職をがむしゃらに頑張らなければいけない30代だからこそ、転職は効率的に進めることが成功への近道です。

以上が、30代の転職成功の秘訣です。

仕事のこと、家庭のことなど、目まぐるしく過ぎていく30代だからこそ、転職をしたいと心のどこかで思っていても、即実行に移せる環境にない場合もあるでしょう。

だからこそ、効率重視で進めるべきです。

責任がだんだん大きくなる年代だからこそ、1人で決断する前に家族や大切な人に相談をして、転職が成功するように応援してもらいましょう。

【40代の転職成功の秘訣】プライドは最低限で。企業が求めている力を身に付ける

40代の転職成功の秘訣

40代の転職事情は、20代・30代と比べて大きく変わってきます。

そもそも、20代と比べて40代に転職をする人はそれほど多くはありません。

だからこそ、確実に転職を成功させるためのコツを、しっかりと把握しておきましょう。

ポイントは、企業が40代の求職者に何を求めているのかを、きちんと理解しておくことです。

それによって身に付けておくべきスキルも、履歴書に書く内容も変わってくるので、情報収集をしていきましょう。

さて【40代の転職成功の秘訣】は、何でしょうか?

秘訣1.企業が40代の転職者に何を求めているのか理解

企業が40代の転職者に何を求めているのか理解すれば転職は成功

真っ白なキャンパスを持ち合わせている新人を、1人の立派な社員に育て上げるためには、育てる環境が整っていなければなりません。

部内の社員1人1人がバラバラの方向を向いていたり、管理体制が整っていないと、部内の業務が上手く回らなくなり、教える時間が確保できないという事態にもなりかねません。

そこで、必要となってくるのがマネージメントができる人です。

企業が40代の転職者に求めているのは、新人としてのポジションではなく、管理するポジションであることがほとんどです。

40代で転職を考えている人は、企業が40代に何を期待しているのか、何を求めているのかを理解した上で活動を進めていくのが、転職成功の秘訣です。

秘訣2.マネージメントの目線で物事を考える

転職を成功させるためにはマネージメントの目線で物事を考える

40代の転職面接では、20代の面接とは違った目線でアピールをするべきです。

20代のうちは、自分の魅力や長所を中心に面接官に伝えていきますが、企業は40代の転職者にそれ以上のことを求めています。

自分がこの会社に入ったらどのようなことができるのか、またマネージメントの目線で考えて、現状何が満たされて、何が不足しているのかなど自分なりの考えを伝えましょう。

それが正しいか、正しくないかは別として、マネージメント目線での考え方が評価されるはずです。

常にマネージメントの目線で物事を考えることが、40代の転職を成功させる秘訣です。

秘訣3.大きすぎるプライドは邪魔になるだけ

転職の成功を妨げるもの!大きすぎるプライドは邪魔

「俺は長年、この方法でやっているんだ」「経験と実績は誰にも負けない」と自分に自信を持つことは、決して悪いことではありません。

しかしながら、40代の転職者に多く見られるのが、大きすぎるプライドです。

これまでの経験や自分がやってきたやり方が、一番正しいと思い込んで、なかなか新しいアイディアや考え方を受け入れることが難しくなってしまうのです。

40代の転職を成功させたいのなら、大きすぎるプライドは、邪魔になるだけです。

プライドを持って仕事をすることは大切ですが、プライドが周りの人との関係を悪化させてしまわぬように気を付けましょう。

転職を成功させたいのなら、いらぬプライドは捨て去りましょう。

以上が、40代の転職を成功させる秘訣です。

40代は新人としてではなく、管理職としての目線も大切にすべきです。

企業があなたをどのような形で迎えようとしているのか、またどのようなことに期待をしているのかをリサーチしましょう。

【女性の転職成功の秘訣】人生の目標を考えて、無理のないキャリアアップを

女性の転職成功の秘訣

年代別ではなく女性が転職を考えた場合、成功させるためにはいったいどのようなポイントを押さえて、転職活動を進めていけばよいのでしょうか?

女性の転職成功の秘訣について、まとめてみました。

少しでも転職について考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

秘訣1.結婚・妊娠・出産について、自分の考えをまとめる

結婚・妊娠・出産について考え、転職を成功させる

転職が、人生を考える大きなきっかけとなる場合もあります。

特に女性は男性と比べて、結婚・妊娠・出産などで生活スタイルが大きく変わってくるので、転職を機に自分の考えをまとめておきましょう。

独身時代から、ライフプランをしっかりと考えた方がよいでしょう。

秘訣2.何のために転職をするのか考える

何のために転職をするのか考えて転職成功

女性が転職を考える理由は、いったい何なのでしょうか?

参考までにまとめてみました。

  • 結婚を機に、自分のライフスタイルを考え直すようになったから。
  • 育休と産休を取得しやすい職場に移りたいから
  • 残業が多すぎて、からだの調子を崩してしまったから
  • 正社員ではなく、契約社員で働こうと思ったから
  • 家庭を一番に考えたいと思ったから
  • 女性だけど、どんどんキャリアアップしていきたいから

女性が転職を考える理由で多いのは、やはり結婚・妊娠・出産などの人生のビッグイベントが影響していることが多いようです。

仕事と家庭を両立していきたいと考える女性が増えていますから、ライフステージに合わせて職を考え直すのも自然な流れなのかもしれませんね。

その他の理由として、女性のキャリアアップもあります。

男性と肩を並べて働く女性が増えていますので、上昇志向の強い女性が出てくるのもとても納得がいきます。

秘訣3.雇用形態を考える

転職成功!雇用形態を変える

女性が転職を成功させる秘訣の1つに、雇用形態があります。

ライフステージに合わせて、働き方や時間も変わってくるでしょうから、思い通りの転職を叶えるためには、雇用形態からしっかりと見直すことが大切です。

結婚しても子供を授かっても、第一線で働きたいという気持ちが強い人は、正社員。

定時で帰宅したい、プロジェクトなどの責任の重い仕事はできるだけしたくないという人は、契約社員。

子供が学校に行っている間だけ働きたいという人は、パート社員など、それぞれの生活スタイルや働く目的に合わせた選択をしていきたいものですね。

女性が転職を成功させるためには、まず自分に合った雇用形態を決めて、案件を絞っていくことが転職成功の秘訣です。

転職成功の最大のポイントは、作戦である

転職成功の最大のポイントは、作戦である

今回は【年代別。転職成功の秘訣】をご紹介しました。

会社を退職したら、すぐに次の職場が見つかるとは限りません。

現在の仕事を続けながら、新しい職を見つけるために動き出すことは、そんなに簡単ではないのです。

転職を決意したのなら、必ず成功させましょう!

そのためには、年代別の転職成功の秘訣をしっかりと理解して実行していくことをおすすめします。

妥協して転職先を決めても、また辞めたくなってしまうという負のスパイラルが起きてしまいます。

だからこそ、転職活動は納得のいくまで続けることが大切です。

自分にとって、何が転職成功なのかをきちんと考えましょう。