未経験からの転職!職種別のポイントを徹底リサーチ

未経験で転職

「未経験の職種にチャレンジしたい」「未経験業界への転職を考えているが、正直不安もある」という人も多いでしょう。

未経験者歓迎の求人が増えているとはいえ、大人になってから未経験のことに挑戦するのは、意外と勇気がいるものです。

でも、心配や不安ばかりを勝手に大きくして、挑戦しないのはもったいない!

そこで今回は「未経験からの転職」をテーマにして、職種別の転職ポイントを徹底リサーチしてみました。

未経験から事務への転職

未経験から事務への転職

事務職への転職を希望する女性は多く、どの業界でも事務的な業務を行う人は必要となるので、自然と未経験者歓迎の求人を出す企業も多いようです。

特別な資格なしに業務をおこなえる・定時で帰宅できる・デスクワーク中心・転勤がないという特徴があるため、事務職はいつの時代も人気の職種となっています。

どのような職種でも、情報集めはとても大切。

未経験で事務職への転職を考えている人は、転職活動を始める前にしっかりとリサーチをしていきましょう。

仕事内容

事務職の基本的な仕事内容は、デスクでの事務作業になります。

エクセルやワードを使用してのデータ入力や書類作成・来客や電話対応・発送作業・必要書類の整理・処理など、企業の縁の下の力持ち的な業務がたくさんあります。

社内中心の業務となるので、同僚や来客と接する機会も多くなり、常識的なマナーを身に付けて接することができる人が求められます。

業界によって、事務職の人がおこなう業務内容も変わってきますが、基本的にはデスク上で会社の業務を幅広く支えていく職種と言って間違いありません。

未経験からの転職時に、有利になるスキル

未経験からの転職を考える際に、まず資格取得を目指す人もいるでしょう。

しかしながら、未経験から事務職への転職を考えた時に、特別な資格は必要ありません。

前提として、一般常識や社会人としてのマナーがきちんと身についていることが、とても大切です。

その他、パソコンでの作業が多い事務職として、エクセル・ワードは使いこなせる程度のスキルを持ち合わせていることが理想です。

また、会社にとって大事なお客様をご案内したり、電話で対応する機会も多い職種なので、言葉遣いや所作にも十分に気を付けることが大切です。

事務というお仕事に未経験からの転職の場合でも、特別な資格は必要ありませんが、資格を取得していることで採用が有利に運ぶ可能性はあります。

以下に、まとめてみました。

  • 簿記
  • MOS
  • 秘書技能検定
  • TOEIC
  • TOEFL
  • ビジネス実務法務検定

やりがい

事務職は縁の下の力持ちとして、さまざまな業務を支えています。

社外との取引きや契約、販売などに直接関わるわけではありませんが、広く浅くでも、さまざまな業務に関わることができるという魅力があります。

「○○さん、書類まとめてくれてありがとう」「すごく、助かるよ!」と近しい間柄である同僚から感謝の言葉をもらえた時に、やりがいを感じるという事務職の人が多いです。

自分の仕事が身近な人をサポートしていると感じられる職業であり、基本的に勤務スケジュールも安定しているので、仕事だけではなくプライベートも充実させることができる点が人気です。

志望動機の例文

私は社会人になってからの5年間、現場で直接お客様と関わることができる営業をやってまいりました。

営業として働いている時のことです。

毎日私が効率的に営業先を廻ることができるように、営業事務の人が書類作成やデータ入力などの事務作業を完璧にこなしてくれていました。

当たり前にやっていてくれていたことが、決して当たりまえではないのだと感じていました。

その後、私自身も結婚・妊娠という人生の大きなターニングポイントを経験して、働くことに対する意識が変わってきたのです。

子育てと家庭、そして仕事のバランスを上手く取りながら、充実した毎日を過ごしていくにはどうしたら良いのかを、真剣に考えるようになったのです。

そして、営業として第一線で働くよりも、事務として誰かをサポートしていくことに徹していきたいと強く思うようになりました。

自分がサポートしてもらう立場であったからこそ、事務としてさまざまな業務をサポートしていく時に役立つことがたくさんあるはずです。

以上、未経験から事務職に転職する際に、チェックして欲しい項目をまとめてみました。

事務職は未経験歓迎の求人が多いからこそ、どうしても競争率が激しい人気の職種となります。

未経験から営業への転職

未経験から営業への転職

営業職は未経験からの転職でも、比較的挑戦しやすい職種です。

「営業はノルマがあって、厳しいイメージがある」「営業は不規則な職種だから、不安が大きい」という人も、正直多いです。

しかしながら、営業は特別な資格が無くても挑戦できる職種ですし、自分の頑張り次第でお給料に反映されることも珍しくないことから、人気は安定しています。

未経験から営業に転職する人は、いったいどのようなポイントを押さえておけば良いのでしょうか?

仕事内容

「自分の実力を試したい」「仕事に集中したい」「インセンティブをゲットしたい」という仕事に対してアグレッシブな人におすすめなのが、営業職です。

未経験からの転職で、営業職を選ぶ人が知っておきたい業務内容を、簡単にご説明します。

営業職は、自社の商品やサービスの良さをきちんと理解した上で、他社との違いを明確にして、社外に向けてモーションをかけていきます。

基本的に営業職は、外回り業務が基本となるので、1日中社内にいることはそんなに多くはありません。

しかしながら営業職の社内業務は、社外での営業活動をより充実させるためには、欠かせない重要なお仕事です。

取り引き先を廻るだけではなく、社内でプレゼン資料を作成したり、データを整理することも、営業の大切な仕事の1つだと覚えておきましょう。

未経験からの転職時に、有利になるスキル

営業職に最も必要なのは、コミュニケーションスキルとプレゼンスキルです。

事務職はパソコンに向かっての作業が多くなりますが、営業職は「会社と会社」「人と人」との関わり合いの中で、コツコツと信頼関係を築きながらの業務をおこなうことがほとんどです。

ですから、人と話すのが苦手・他人とコミュニケーションを図ることが大きなストレスになるという人は、営業職が大きなストレスになってしまうので、おすすめはできません。

また、自分が理解したことや頭の中にあることを、クライアントに分かりやすい言葉で的確に伝えるのも重要なスキルです。

どのようなサービス・商品なのかをしっかりとクライアントに伝えて、状況を見ながら相手に、モーションを掛けていくスキルが必要となります。

その他にも、営業に必要なスキルをまとめてみました。

  • 基本的なパソコンスキル(エクセル・ワード・パワーポイント)
  • 運転スキル(車を運転して、外回り業務をおこなう場合)
  • 相手の状況を判断するスキル
  • 一度断られても、何度もチャレンジする気持ち
  • 書類を作成するスキル
  • 数字管理するスキル

やりがい

営業職の一番のやりがいは、成約が決まった時の達成感です。

相手に自社製品の良さをきちんとアピールする、きちんとした書類を作成する、クライアントの状況を冷静に判断した上で具体的な金額を提示するなど、全ての業務が1つでもかけていたら成約には至りません。

成約に至るということは、クライアントから営業担当者が信頼されているという証ですから、営業としてこれ以上の喜びはありません。

数字管理やノルマに頭を悩ませることが多い営業職ですが、自分の頑張りや努力でお客様の心をしっかりと掴み、それによって成約までたどり着けたときに達成感はとても大きいでしょう。

また、営業という仕事を続けるほどに、さまざまな人たちとの関わりが増えて、人脈が確実に広がっていることを感じられるのも楽しさの1つです。

社内だけではなく、社外の人との関わり合いも多い営業職だからこそ、プライベートではなかなか関われないような人たちと関わることができるのも魅力です。

また、どのような商品・サービスをおすすめするのかによって違ってきますが、やはり取引相手が喜んでくれることもやりがいの1つでしょう。

商品の良さが伝わるのはもちろん、営業職として取引先相手と信頼関係を築くことができるのは、自分の自信にもなりますね。

最初はあまり頼りにされなかったのに、訪問回数を重ねるごとにクライアントから頼りにされるのは、大きなやりがいとなりますね。

志望動機の例文

私は、3年間営業事務として、都内のIT企業で働いてまいりました。

毎日忙しい時間を過ごす中で、とてもやりがいを感じていましたが、やはりサポートだけではなく第一線で働いてみたいという気持ちが強くなりました。

そこで今度は自分が営業として、たくさんのお客様に自社製品の良さをアピールしていく職業に就きたいです。営業事務の仕事を通して、営業の仕事の流れや必要な書類に関しては、一通りの知識を身に付けてきました。

これからは、お客様と1対1で関わっていくわけなので、何を必要とされているのかを敏感に察知しながら、寄り添った営業に努めます。

未経験から飲食業への転職

未経験から飲食業への転職

星の数ほど飲食店が溢れている。10年後に生き残っている飲食店はごくわずか。

このように言われることが多い、飲食店業界。

個人店~大手チェーン店に至るまで、続々と新店舗がオープンしているので、自然と求人募集も多くなります。

ですから、未経験からの転職を考えた時に、飲食業界はおすすめです。

しかしながら、時間が不規則、体力勝負、きついなど、飲食業界での仕事にあまり良いイメージが無いのも事実です。

さて、未経験から飲食業への転職を考えた時に、必要な情報をまとめてみました。

仕事内容

飲食業界で働く際に、知っておくべき仕事内容を、以下にまとめてみました。

飲食業界の柱となる仕事は、お客様が美味しく食べて、心地よい時間が過ごせるように接客や調理をすることです。

従業員として飲食業に携わる場合はこれらの仕事内容がほとんどですが、将来独立開業を目指す場合は、これだけではありません。

飲食店を運営していくための数字管理・スタッフ採用・材料調達・本部とのやりとり・新メニューの開発などの、管理業務も加わっていくことをお忘れなく。

未経験からの転職時に、有利になるスキル

未経験から飲食店業界への転職時に必要なスキルは、人とコミュニケーションを図るのが好きかどうかということです。

極端に言えば、赤の他人と話をしたり、関わることに大きなストレスを感じてしまう人は向いていません。

前職がどのような職業であっても、飲食業界への転職を考える際には、お客様が求めているサービスを良きタイミングで提供できるかどうか、気が回るかどうかを重視される傾向にあります。

さて、未経験から飲食業への転職を考える際に、どのようなスキルが必要なのでしょうか?

  • コミュニケーションスキル
  • 基本的なマナー
  • 気遣い
  • 体力
  • 英会話スキル

未経験から飲食業に転職する時に、特別な資格は必要ありません。

けれども調理師免許を持っておくと、接客だけではなく調理スタッフもできるため、飲食業界の中でも職種の幅が広がるでしょう。

やりがい

なんと言っても、飲食業界でのやりがいは「お客様の笑顔」でしょう。

夜遅くなったり、土日も働いている人が多い飲食業界ですが、お客様が美味しそうに食べてくれたり「美味しかった、またくるね!」と言ってもらうと、疲れも吹き飛ぶといいます。

お客様の反応をダイレクトに感じられるので、小さいけれども確かなやりがいを毎日感じられるのです。

志望動機の例文

私は前職で営業をしておりました。

外回りをする機会も多いため、毎日の昼食時間が1日の楽しみであり、ストレス発散でした。

そこで、私がよく食べ歩いていたのが、ラーメンです。ラーメン屋さんに行くたびに、店主のスープや麺に対する真剣さを感じ、食べることがとても楽しくなっていました。

「いつか自分でラーメン屋をオープンさせたい!」という気持ちが芽生えてからは、ラーメンを食べることだけではなく、作ることにも興味が湧いてきました。

今は、いつか独立・開業を目指して、本気で飲食業にまい進していきたい決意しています。

この年齢から未経験の分野に転職をするのは、正直不安もありますが、気持ちは誰にも負けません。人生をかけて、日々の仕事にまい進していく所存です。

未経験からマスコミへの転職

未経験からマスコミへの転職

マスコミ業界は華やかなイメージがありますが、実際の現場はそんなに甘くはありません。

生活が不規則・仕事が大変・実力主義などのマイナスのイメージもありますが、多くの人が見るテレビ番組を制作するわけですから、大きなやりがいを感じる人が多いようです。

マスコミ業界は、正直に申し上げて離職率の高い業界でもあるからこそ、未経験からの転職者向けの求人案件が多い傾向にあります。

ちょっとハードルが高い業界に思えますが、転職活動開始する前に、しっかりと業界リサーチをしておけば問題ありません。

未経験者でも転職しやすい業界なので、興味のある人はぜひ確認してくださいね。

仕事内容

マスコミ業界には、本当にさまざまな職種が存在しています。

アナウンサー・カメラマン・ディレクター・音声・AD・編集者・記者などの番組や新聞、雑誌を作り上げる職種は、マスコミ業界が未経験でも想像できる資格でしょう。

でも、実際にはさまざまな職種が混在している、マスコミ業界!

例えば、テレビ局の場合は一般企業と同じように、総務・経理・人事・営業などの部署があり、その他にテレビ局らしい編成・制作などの部署があります。

番組を作りたいという気持ちがあるなら、テレビ局にこだわらず、番組制作会社を選択肢の1つに入れましょう。

むしろ、テレビ制作会社は常に人手不足の状態が続いているので、未経験からの転職者の人は入りやすいはずです。

ただし、マスコミは正直に申し上げて、経験が仕事に生きてくる業界です。

けれども全体的に入れ替わりの激しい業界なので、スタッフ間でも1人前になるまで人を育てるのが、当たり前になっているところがあります。

ですから、未経験からの転職でも、特に問題はないでしょう。

未経験からの転職時に、有利になるスキル

未経験からマスコミへ転職をする場合、こちらも特別な資格は必要ありません。

当然のことであり、とても大切なこととして「テレビが好き」「新聞が好き」「雑誌が好き」ということが挙げられます。

マスコミで働くということは、テレビや雑誌、新聞などに目を通すことも仕事になります。

メディアと関わることが面倒だと感じたり、一切興味が無いという人は、マスコミへの転職は向いていないのかもしれません。

さて、未経験からマスコミ業界を目指す際に、有利になるのはどのようなスキルなのでしょうか?

以下に、まとめてみました。

  • チームプレーで1つのものをつくりあげるため、協調性
  • トレンドに敏感
  • コミュニケーションスキル
  • 体力
  • 精神的なタフさ
  • 新しいことにチャレンジする精神

未経験から番組制作の分野への転職は、専門的な技術を求められるので、決して楽な道ではありません。

華やかな世界に思えますが、上下関係が厳しいと知られるマスコミ業界でもありますので、一人前になるまでは相当の努力が必要となります。

やりがい

マスコミ業界に未経験から転職をするのは、ハードルの高さを感じてしまう人もいるでしょう。

確かに楽な道ではありませんが、大きなやりがいを感じる職場でもあります。

番組制作の現場において、一番のやりがいは「自分の関わったものが、世の中に送り出されるという達成感」です。

自分が制作に関わった番組や雑誌が、メディアを通してたくさんの人達に届き影響を与えることで、大きな達成感を覚えることができる職種なのです。

また番組制作の現場に携わっていなくても、マスコミという世の中に影響を与える業界で働けるという誇りは、仕事へのモチベーションにつながります。

志望動機の例文

私は、これまで事務職として働いてきました。

同僚や上司に恵まれて楽しく業務にまい進してきましたが、平坦な毎日に飽きを感じていたのも事実です。

そこで、今回未経験ではありますが、昔から憧れていたマスコミ業界へ挑戦する覚悟を決めました。

20代も後半にさしかかる前に、後悔のない人生を送るために、もう一度新たなことに挑戦しようと強く思いました。

テレビが大好きで、ニュース・ドキュメンタリー・ドラマ・バラエティなど、色々なジャンルの番組を毎日たくさん見ています。

その度に、ドキドキ・ワクワク・ハラハラなど、さまざまな気持ちになり、自分の感情が豊かになっていくことを感じます。

だからこそ、今度は私が作り手となって、たくさんの人を楽しい気持ちにさせる番組を作りたいと強く感じています。

大変な道であることは、重々承知です。

けれど、挑戦してみたい、頑張ってみたいという気持ちが大きく、是非私に挑戦するチャンスを与えていただきたいです。

未経験からホテル業界への転職

未経験からホテル業界への転職

ホテル業界は、2020年の東京オリンピックに向けて、非常に盛り上がっている業界です。

気軽に利用できるビジネスホテル、贅沢な時間と料理、クオリティ重視に料理を提供する高級志向のホテル、非日常の贅沢を気軽に体験できるリゾートホテルなどがあります。

訪日外国人数も年々増加しているため、ホテル宿泊者が増えるのはごく自然な流れとなり、求人募集も増えていくのは当たり前ですよね。

未経験からホテル業界への転職は、イマが狙い目です。

詳しく見ていくことにしましょう!

仕事内容

ホテルのお仕事と言えば、お客様と直接関わる、フロント・客室係・支配人・クロークなどを思い浮かべる方が非常に多いですよね。

あなた自身が宿泊客という立場で実際にホテルに泊まった経験が、このようなイメージを強くしているのかもしれません。

ホテルは24時間動き続けている職場なので、当然働く人たちも基本的に24時間稼働になります。

シフト制ですが、やはり不規則な勤務スケジュールになることは避けられないようです。

お客様と直接関わる職種だけではなく、ホテルを陰ながら支える職種もいくつかあります。

競合他社が多いホテル業界で、自社ホテルの良さを取引先にPRして、団体旅行や企業の特定出張にしてもらう営業の仕事。

宿泊だけではなく、最近ではウェディングイベントや食に関するイベントに力を入れている、ホテル業界。

結婚式・記念日・女子会・お見合い・婚活パーティー・デートなどに利用する場所として、ホテルは存在価値を高めているのです。

今までになかった企画やイベントを考える、ホテルの企画部も人気です。

世の中の動きを敏感にキャッチして、ニーズのあるイベントを考えて、成功させるというミッションが企画職にはあるのです。

未経験からの転職時に、有利になるスキル

未経験からホテル業界に転職をする際に、特別な資格は必要ありませんが、やはり採用されるために有利になる資格はあります。

特に高級志向のホテルや外国人に人気のリゾートホテルなどに宿泊をする場合は、日本語だけではなく英語や中国語などで対応できるのもポイントです。

また、基本的なマナーも身についている必要があります。

お客様に極上のサービスを提供するためには、自分自身が正しいマナーと一般常識をきちんと備えていなければなりません。

未経験からホテル業界への転職を考える時には、以下のスキルや資格を身に付けておくことで有利になるでしょう。

  • TOEIC・TOEFL
  • サービス接遇検定
  • ソムリエ検定
  • マナー・プロトコール検定
  • 野菜ソムリエ

レストランスタッフを希望する場合、食材や飲み物に関する専門的な知識をお客様に提供できることは、ホテル側にとって大きなメリットとなります。

やりがい

未経験からホテル業界にチャレンジするのも、決して楽な道ではありません。

お客様相手の商売は、1人1人に添ったサービスを提供しなければならないので、何とも言えない難しさがあります。

しかしながら、お客様と直接関われる職種なので、お客様の反応をダイレクトに感じられるという喜びもあります。

満足した笑顔、お褒めの言葉、楽しそうな雰囲気や反応を目の前で感じられるのは、仕事に関するモチベーションアップにもつながります。

世界中のたくさんの人達と関わることができるので、刺激のある毎日を送れることは間違いありません。

志望動機の例文

私は気分が落ち込んでしまったとき、大切な人との思い出を作りたい時に、必ずお気に入りのホテルに宿泊してリフレッシュするのを楽しみにしていきました。

ホテルのスタッフの方々は、毎回同じ笑顔で迎えてくれて、その場所にいるだけで温かく包まれているような感覚を覚えました。

父が長年ホテルのフロントとして働いてきたこともあり、以前からホテル業界に興味がありましたが、一度は大学で勉強した英語を活かして英会話教室の講師の仕事に就きました。

しかしながら、ホテル業界でも英語を活かすことができます。

父の背中を追うのは正直恥ずかしさもありますが、人生に彩りを与えて、楽しさを提供するホテル業という仕事に関わりたいと強く願います。

未経験からのアパレルへの転職

未経験からのアパレルへの転職

20代~30代の若手の転職に人気なのが、アパレル業界です。

未経験からアパレル業界の転職を希望する人も多く、需要もあるので、人気の業種となっています。

未経験からの転職の場合、競争率が高い職種でもありますので、事前の情報集めが大きなポイントとなります。

仕事内容

アパレル業種の一番の仕事は「洋服を売ること」です。

お客様の要望や好みを聞きながら、お気に入りの洋服を見つけるためのお手伝いをしていきます。

接客だけではなく、お客様がお店で心地よく買い物ができるように店内の掃除や洋服の整理、検品作業に在庫管理なども大切な仕事です。

未経験からの転職時に、有利になるスキル

未経験からアパレル業界への転職を考える際には、どのようなスキルが有利になるのかをしっかりリサーチしていきましょう。

  • 丁寧な言葉遣い
  • 正しい接客マナー
  • 洋服を整理整頓するスキル
  • 掃除スキル
  • 基本的なパソコンスキル
  • 洋服に関する基礎的なスキル
  • 流行に敏感なスキル

客商売である、アパレル業界。

お客様を不快にさせないような接客を、常に心がけていくことが、大切です。

お客様によっては、スタッフに密にコミュニケーションを図ってほしい人もいれば、あまり構って欲しくない人もいます。

お客様の性格を組み取って、1人1人に合わせた接客をしていくことが求められます。

やりがい

アパレル業界で働く人にやりがいを感じる時を聞くと、「お客様がお気に入りの洋服を見つけて喜んでくれた時」「自分がおすすめした商品を購入してくれた時」と答える人が多いです。

お客様の喜ぶ顔を近くで見ることができると、自然と嬉しい気持ちを共有できるというわけです。

志望動機の例文

私はこれまで、企業の受付の仕事をしてまいりました。

毎日さまざまな企業の方々とお会いすることが多いため、服装には人一倍気を遣ってきたつもりです。

そこで興味が湧いてきたのが、アパレル業界です。

とにかくオシャレや洋服が大好きなので、「好きなこと」を仕事にできたら、どんなに幸せなのかを考えるようになりました。

企業の受付として、来社して下さった方々に気持ちよくいらして頂くことを常に考えてきましたが、この経験は接客にも十分活かせると感じています。

未経験の分野ではありますが、基本的なマナーや言葉遣いは培ってきたスキルに自信があります。

未経験歓迎求人が多い、転職情報サイト

未経験歓迎求人が多い、転職情報サイト

どの転職情報サイトでも、未経験歓迎の求人は比較的多い傾向にあります。

どの企業も応募者数を増やしたいという気持ちが強く、多少のリスクがあろうとも、未経験者歓迎の求人募集をしているようです。

以下に、注目の転職情報サイトをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

未経験の転職は競争率が激しい

未経験の転職は競争率が激しい

未経験からの転職を考える人は多く、そして未経験歓迎の求人が多いのも事実です。

しかしながら、未経験からの転職活動は簡単なことではありません。

未経験者を採用するのは企業側にとってもリスクがありますし、志望者も多いので、未経験からの転職は競争率が高くなってしまいます。

未経験からの転職、激しい競争率に打ち勝つためには、転職活動前の準備が重要です。

数打ち当たれば、どこかの企業に採用通知をもらえるだろうと安易に考えるのは、止めましょう。

企業リサーチ、未経験からの転職に関する求人案件集め、履歴書作成、面接の練習など、しっかりと事前準備をすることが、充実した転職活動につながっていきます。

未経験での転職まとめ

いかがでしたか?

今回は「未経験からの転職」というテーマでお話をしていきました。

未経験の業界や職種に転職をするのは、大きなエネルギーが必要となります。

「私でもやれるのかな?」「資格がないと、採用されないのかな?」などと、一歩踏み込む勇気がないのなら、まずは転職活動の前に情報集めを行いましょう。

比較的仕事のスケジュールが安定している事務系の職種は、未経験からの転職希望者が多いので、競争率も高くなってしまいます。

もし未経験からの転職を目指すのなら、2020年のオリンピックに向けて求人募集の数が増えているホテル業界や飲食業界がおすすめです。

未経験だからといって、転職できないことなんてありません。

消極的にならずに、未経験の分野でも積極的にチャレンジしていきましょう!