【決定版】稼げる仕事はこれ!転職で稼げる人の特徴は?

稼げる仕事

どうせ働くなら、稼げる仕事がしたいですよね。

世の中は不思議なもので、汗を流して、睡眠時間を減らしてがむしゃらに働けば、お金が稼げるわけではありません。

効率的にお金を稼ぐためには、それなりのコツが必要なのです。

さて、稼げる人と稼げない人は、どのような違いがあるのでしょうか?

今回は【稼げる仕事はこれ!】と題して【稼げる人の特徴】と合わせて、ご紹介していきます。

ぜひ、参考にしてくださいね。

「稼げるノウハウ教えます」トラブルに気を付けろ!

稼げる仕事は注意

最近、国民生活センターに寄せられているのが「稼げるノウハウを教えます」と言われて、高額なお金をだまし取られてしまったというケースです。

1日で数百万円稼ぐ方法、1分で数万円稼ぐためには何をすれば良いのかなどの情報を与える代わりに、高額なお金を要求されるという事例が多数報告されているのです。

しかも、1人で同時に複数の会社と契約をして、総額にして1000万以上もだまし取られている人もいます。

冷静に考えればそんな甘い話はないと理解できますが、本当にお金に困っている状況で冷静な判断が出来にくい精神状態にあったり、つい口車に乗せられてしまった時に心の弱い部分に付け込まれてしまうことがあるのです。

1分で数百万円稼げる人は、世界にいないわけではありませんが、それは本当にごく一部の人です。

稼げる情報を購入して、いとも簡単に稼ぐことは難しいですから、自分の力で稼いでいくようにしましょう。

チェックしよう!稼げる人の特徴とは?

稼げる人の特徴とは?

世の中には「稼げる人」と「頑張ってもある一定の金額しか稼げない人」がいます。

一生に一度きりしかない自分の人生なら、どうせなら稼げる人になって、お金に困らない人生を送ってみませんか?

そこで今回は「稼げる人の特徴」について、まとめてみました。

是非、参考にしてください。

特徴1.何事に対しても意欲がある

何事に対しても意欲があるは稼げる

稼げる人に共通しているのは「何事に対しても意欲がある」という点です。

お金に無頓着だったり、そもそもあまり仕事が好きではないという人は、稼ぐことに対する意欲もあまり高くはありません。

稼ぐためには、何事に対しても「意欲」を持って行動していかなければならないのです。

都内IT企業の若手社長たちの1日を追ったテレビドキュメンタリーを見た時に、仕事に対してはもちろん、遊びや趣味に対しても常に前向きで一生懸命な印象を受けました。

仕事ばかりやっていては、世の中のトレンドや動きも分かりませんし、日々の遊びや趣味の中から仕事につながる何かが生まれることもたくさんあります。

遊びを心の底から楽しめる大人は、仕事も心の底から楽しめる大人になるというわけです。

仕事や遊びを心が楽しめる人は、仕事に対する意欲も高まり、つまりは稼ぎにつながるというわけです。

特徴2.努力を惜しまない

努力を惜しまない人は転職後稼げる

いま巨額の富を得ている人達は、何の努力もなしに成功しているのでしょうか?

おそらくどんな分野で活躍している人でも、努力なしに成功の2文字にたどり着いている人は、なかなかいないはずです。

はじめてアルバイトを経験した人が「お金を稼ぐことが、こんなに大変だとは思わなかった」と言うのを、よく耳にします。

何もしないでお金が手に入るのではなく、自分の時間を割いて、頭と体を使って努力をするからこそ、お金というカタチで成果を頂くことができるのです。

世界で今までにないサービスを生み出して、毎日大金を捻出している実業家も、新しいサービルを作り上げるまでには、相当の努力をしたことは間違いないでしょう。

「私、こんなに努力しているの」とアピールする人はほとんどいませんが、多くの人が見えないところで努力を重ねてきているということを忘れてはなりません。

稼ぎたいという気持ちが強いのなら、努力を惜しまないで、日々を過ごすようにしましょう。

特徴3.会社員という枠を飛び越える

稼げる人は会社員という枠を飛び越える

会社員という枠で働いていくと、やはり会社の方針に従わなければなりませんし、会社の規定に従って給与をもらうことになります。

会社員という立場である以上、自分の頑張りが直接給料に反映されないと感じることは、多々あるでしょう。

安定を優先して、コンスタントにお給料がもらえるという状況を望んでいるのなら、経営者という立場をおすすめします。

しかしながら、周りの人と同じくらいの稼ぎでは満足できない、もっと稼ぎたいという人は、思い切って会社員の枠を飛び越えると気が楽かもしれません。

実際に世の中で巨額の富を得ている人の多くが、会社員という立場ではなく、起業家・経営者という立場で仕事に向き合っているという点です。

雇用される側ではなく、雇用する側、会社を経営していく側にいる人たちの方が、稼ぐことができるのはどうしてなのでしょうか?

<会社員の枠を飛び越えた方が、稼げる理由>

  • 自分で稼いだ分だけ、給与に反映される
  • 新しいことを生み出して、大金を得るチャンスを得られる
  • お金を自由に動かすことができる
  • 稼ぐ方法を見つければ、稼げる可能性も広がる
  • 自分1人だけではなく、社員を使って稼ぐことができる(その分人件費がかかることもお忘れなく)

会社員としての枠を飛び越えてこそ、自分の力量でもっと稼ぐことができる可能性が高まるわけですが、当然金銭的なリスクも高まってしまうというデメリットもあります。

例えば、会社員時代よりもお給料が激減したり、借金を背負ってしまうなどのリスクです。

会社員という枠を外れる時には、このようなリスクが伴うことを理解しておきましょう。

特徴4.トレンドを敏感に察知する

トレンドを敏感に察知するは稼げる転職ができる

人と同じことをしても、思いっきり稼ぐことは難しいでしょう。

同業他社が多いほどに、案件を獲得することが難しくなりますし、価格競争も厳しくなってしまうのは致し方ないことです。

ポイントは、トレンドを敏感に察知して、動くことです。

人がやっていないことや、あまり企業が取り込んでいないことに対して、積極的にチャレンジしていくことが、稼げる可能性を大きくしていくというわけです。

トレンドを察知するためには、以下のことに気を付けていきましょう。

  • SNSツールを賢く活用していく
  • 自分とは違うジャンルの人たちと、交流する機会を持つ
  • ニュースや新聞、情報番組をチェックする
  • 若者の間で夢中になっていることをリサーチする
  • 若者と話す
  • 若者が集う街に出掛けて、情報収集をする
  • 「こんなことで困っている」という情報を集める

トレンドにいち早く気が付いて、他の企業よりも先に商品やサービスを提供したり、またターゲットを絞ってトレンドを作り出すことも企業力の1つです。

ヒット商品が出てしまうと、どうしてもその商品だけに頼りがちになってしまいますが、稼ぐためには時代の流れを敏感に察知して、常に新しい商品を生み出していく努力も必要となります。

特徴5.人生設計ができている

人生設計ができているが稼げる転職が可能

がむしゃらに働いて、目の前の仕事にだけに目を向けて、必死になる期間も必要ではあります。

しかしながら、ただがむしゃらに働けば、稼げることにつながるわけではありません。

現実的に稼げる状況を作り出したいのなら、きちんと人生設計をおこなっていくことが大切です。

ただし、会社員として働いていくのか、また経営者として働いていくのかで人生設計も変わってくると思います。

<会社員としての人生設計を立てる時のポイント>

  • 一生、いまの会社で働くべきかどうか
  • いつ頃までに、肩書を何にしたいのか
  • 年収○○○万円を、〇年で達成する
  • 50歳の頃には、部長になっている
  • 30歳でマンションを購入して、15年で完済できるようにしたい

<経営者としての人生設計を立てる時のポイント>

  • 5年後に会社の売上を、現在の何倍にしていきたいか
  • 3年後に業務を拡大して、従業員数を○○人までに増やしたい
  • 60歳の頃には老後を楽しく過ごせるくらいのお金を貯めて、現役を引退したい
  • 設立10年目には、もう1つ会社を作りたい

このように、確実に稼げる人になるためには、より具体的な目標を掲げることが大切です。

目の前の仕事に必死になるのは良いことですが、必死になりすぎて、気が付いた頃には遅かったという状況を招かないようにしてください。

叶うか、叶わないかは分かりませんが、きちんと人生設計を立てて、それに向かって着実に動いていく方が、稼げる可能性は大きくなるでしょう。

特徴6.人材やアイテム使いが上手

人材やアイテム使いが上手は稼げる転職の達人

自分1人で稼げる金額には、限界があります。

たった1人で、億単位の売上を当たり前のように上げるのは非常に難しいことで、会社の規模拡大と共に、売り上げもアップしていくというのが自然の流れです。

稼げる人の特徴の6つ目は「人材やアイテム使いが上手な人」です。

デキル経営者の一番の強みは、人を育てる力があることです。

自分以外にも即戦力となる人材を育てることで、売り上げアップに確実につなげることができます。

昨今では転職が当たり前の時代ですし、優秀な人材を育て上げてもキャリアアップのために他企業に転職をしてしまうケースも、珍しくはありません。

だからこそ、企業の最大の課題は「人材育成」とも言われているのです。

また、アイテムを上手に使っていくことも、重要なポイントです。

時間をかけてじっくりとおこなった方が、絶対に良い仕事につながるということではなく、限られた時間の中で効率的にこなしていくことも大切です。

例えば営業職の場合ですと、少しでも外回りの時間を増やすために、社内でのデスクワークをソフトを使って効率的に作業していくように意識をしていくことが、結果としてお金を稼ぐことにつながります。

1日は24時間、1年は365日なので、人材やアイテムを使って、効率的に仕事を進めていきましょう。

特徴7.継続力がある

稼げる人は継続力がある

どんなに努力をしても、ある程度の金額を稼げるようになるためには、それなりの時間がかかります。

途中で諦めて、また振り出しに戻ってしまうのか、諦めないで努力を続けて、身を結ぶ日まで耐えるのかは、大きな分かれ道となります。

東大を卒業して、有名企業に勤めたからといって、すぐに理想の金額を稼げるわけではありません。

仕事を継続していくことが努力の積み重ねとなり、最終的には稼ぎに結びつくと考えいきましょう。

その場しのぎではなく、1つ1つの仕事にきちんと向き合って継続していけることが、稼げる人の特徴です。

以上、稼げる人の特徴を7つご紹介しました。

1つ1つの特徴を見ていくと、そんなに難しいことではない気もしますね。

しかしながら、簡単そうに思えることでも、毎日継続して取り組んでいくのは努力が必要となります。

ただ毎日を何となく過ごしている人が、ある日突然大金持ちになるためには、宝くじに当たるなどの「運」で何とかするしかありません。

確実に稼げる人になるためには、それなりの準備や心得が必要不可欠であると覚えておきましょう。

気になる!稼げる仕事とは?

稼げる人の特徴をおさえたところで、次になるのは「稼げる仕事」についてです。

会社の経営方針やあなたの保有資格、働く場所などによって、当然得られる報酬には違いが出てきてしまいます。

今回は一般的に「稼げる仕事」として知られている職業を、いくつかピックアップしてみました。

営業マンの実力次第!?不動産売買業

稼げる転職は営業マンの実力次第

昔から不動産業は「儲かる」「お給料が高い」「実力次第で稼げる」というイメージが強い職業ですが、実際のお給料も年収700万円近く稼げると言われています。

不動産会社に入社するために、特別な資格は必要ありませんし、これと言って大人気の職種という分けではないので、狙い目のお仕事です。

ただし、不動産業は人によっては、デメリットに感じてしまう点もあります。

不動産業は実力重視のところがあるので、成約件数が多いほどに、固定給に歩合給がプラスされていきます。

営業上手の人は歩合給をどんどん稼げるのですが、なかなか成約に至らない人は、お給料も上がりませんし、プレッシャーも大きくなってしまう職業でもあります。

実力が報酬として反映されやすい職業なので、負けず嫌いの人や仕事中心の生活でも苦ではないという人には、おすすめです。

自治体に直接雇用されていると儲かる!ゴミ収集作業員

ゴミ収集作業員は稼げるので転職にオススメ

「人が嫌がる仕事は、稼げる」と良く言われますが、あながち間違ってはいません。

いくつかの職業が思い当たるでしょうが、その中でもゴミ収集作業員についてご紹介します。

ゴミ収集作業員とは、毎日決められたルートを廻って、各家庭から出たゴミを集めて、ごみ処理施設場に運ぶ仕事です。

朝が早い・ゴミが臭い・体力勝負できつい仕事とイメージする人も多い仕事ですが、稼げる仕事としても知られています。

ちなみに、ゴミ収集作業員は2つのタイプに分けられます。

1つは、自治体に直接雇用されている人で、公務員として雇われています。

2つ目のタイプは、民間に委託されたゴミ処理業者で働く人です。

同じ職業でも稼げるのは、清掃業務員という名のもとに公務員として働いている人です。

民間の業者に委託されることが増えてきた職種ですが、公務員として働ける場合は、安定して稼げると人気があります。

ちなみに、民間業者へ就職する場合も、会社の規模や雇用形態などで、稼ぎには差が出てくるということをお忘れなく。

工事現場のリーダー的存在。とび職

とび職に稼げる転職を!

稼げる仕事の3つ目は、とび職です。

とび職のイメージとして「怖いお兄さんたちの仕事」「危ない」「命に関わりそう」などと、色んな意見があります。

工事現場においてとび職の仕事はとても重要なポジションにあり、とび職がいなければ現場の作業を始めることも、現場の作業を終了することも難しいといわれているほどです。

とび職の仕事を、以下に簡単にまとめてみました。

  • 現場の囲いを組む
  • 基礎となる鉄骨を組み立てる
  • 足場を組む
  • タワークレーンを組み立てる
  • 現場を引っ張っていくリーダー的な存在

このように、とび職の仕事は工事現場ではなくてはならないものなのです。

ただし、とび職と言っても、いくつかの専門分野に分かれることを知っておく必要があります。

まず、足場を組むことを専門としている、とび職の人たちです。

工事だけではなく、コンサート用の足場も組んでいます。

次に、鉄骨とび、または機械とびと言われる人たちです。

主に工事現場での仕事がメインとなり、建築現場では鉄骨を組み立てたり、工事用のエレベーターの組み立ても行います。

その他にも、橋や高速道路の工事、特殊な形の鉄骨工事などを行う、橋梁とびと言われる人たちもいます。

高所作業となりますので、危険を伴う仕事と言われていますが、お給料は割と良いので、稼げる仕事ともいわれています。

2020年の東京オリンピックに向けて、都心を中心に多くの建物が整備されるでしょうから、稼げる注目の職業であることは間違いありません。

夜のお仕事。水商売

水商売と聞くと「女の仕事」「お酒が飲めなければ厳しい」「ボディタッチがありそうで、なんだか怖い」「親に言えない」など、あまりよくないイメージがありますよね。

でも、水商売はそんなに真っ黒なお仕事ではありませんし、働いている人たちの中には誇りとプライドを持って、夜の世界を極めている人たちがたくさんいます。

水商売と言っても、とても奥が深く、作法や言葉遣い、聞き方、伝え方など、さまざまなスキルが必要となりますので、簡単にこなせる仕事ではないのです。

その上、ホスト・キャバクラ・ホステスなどの水商売の仕事は、男性としての、女性としての華を売る職業なので、いつでも美しくしていなければなりません。

夜のお仕事は、生活が不規則になるというデメリットはあるものの、比較的稼げる職業と言われています

一見華やか、でも大変!マスコミ業界

稼げる転職として1番人気。マスコミ業界

マスコミ業界と言っても、記者・カメラマン・ディレクター・音声・編集マン・総務・経理・営業など、さまざまな職種があります。

マスコミと忙しい・不規則・華やかというイメージがありますが、実際の現場で働く人に話を聞くと、どうやら華やか以外は当たっているようですね。

確かにマスコミ業界は他の業界に比べて、ややお給料が高めですが、基本給が高いと言うよりは残業が多いので、自然と残業代が多くなる傾向にあります。

人気のマスコミ業界ですが、テレビ局で働くのか、下請けの制作会社で働くのかによって、お給料にも差が出てくることをお忘れなく。

インターネットに関する仕事

インターネットに関する仕事は稼げる

近年、急激に業績を伸ばしているのが、インターネット業界です。

若手起業家が稼げる業界として、本当にさまざまな企業が設立されています。

システム構築・インターネットを利用した多種多様なサービス・アプリ開発・インターネットショッピングサイトの運営など、インターネットに関する仕事は極端な話、パソコン1台あれば始められる手軽さがあります。

インターネットを使ったお仕事は、自宅でも簡単に稼げる仕事、会社という組織に属さずに稼げる仕事と言えるでしょう。

医者・弁護士・税理士など、国家資格ありきの仕事

国家資格ありきの仕事は稼げる可能性が高い

確実に稼げる仕事は、やはり国家資格ありきの職種になります。

医師・弁護士・行政書士・税理士など、取得が難しく誰でも簡単に取得できないような国家資格ありきのお仕事は、やっぱり稼げるのです。

医師や弁護士などの人を助けるお仕事は、お金を稼ぐためだけではなく、「命を救いたい」「困っている人を助けたい」という気持ちも大切です。

確かに稼げる仕事ではありますが、生半可な気持ちで取り組める仕事ではないことを、理解しておきましょう。

以上が、稼げる仕事の参考例になります。

こちらでご紹介したのは、ほんの一部であり、この他にも稼げる仕事はたくさんありますので、自分なりのリサーチが必要となります。

稼げる人になって、稼げる仕事を見つけよう

稼げる仕事を見つけよう

いかがでしたか?今回は「稼げる人の特徴」や「稼げる仕事」についてご紹介しました。

毎日のんびりと過ごしていても、お金ががっぽり稼げるようにはなりません。

稼げるようになるためには、やはり努力は必要不可欠ですし、加えて継続力や挑戦力も大切な要素となるでしょう。

自分のため、家族のために、もっと稼げるようになりたいというモチベーションの高さは、とても大事!

世の中の働く大人が、「稼げる人」と「稼げない人」の2つに分けられるのであれば、ぜひ稼げる人になりたいものですね。