家で仕事をして儲ける!在宅ワーク7選と稼ぐコツ

家で仕事をする

朝起きて身支度を整えて、電車に乗って会社へ向かって、社内の自分のデスクで仕事をおこなう。

終業時間を過ぎているのになかなか終わらないし、帰宅するまでの時間が長い。

「働く」とは、このような1日の流れになるのが当たり前だと、思っていませんか?

最近では当たり前の概念が崩れて、さまざまな働き方が確立されています。

子供が保育園に入れなくても、働きたい!

ワイフワークバランスを整えながら、自分らしく働いていきたい、という願いを叶えることができるのです。

そこで今回のテーマは、家で仕事をすること、つまり「在宅ワーク」です。

自宅にいながらにして、ガッツリと稼ぐためには、どのようなコツがあるのでしょうか?

家で仕事をするメリットとデメリット、おすすめの在宅ワークを中心にお話をしていきます。

家で仕事をして儲ける!こんな人におすすめ

家で仕事をしたい人へのオススメ

会社でたくさんの人に囲まれながら働く方が好きという人もいれば、できるだけ1人でコツコツと家で仕事をしたいと考える人もいます。

誰にでも在宅ワークがおすすめというわけではなく、生活環境やその人の性格によって、合う合わないがあるのは事実です。

では、どのような人に「家での仕事=在宅ワーク」は向いているのでしょうか?

  • 子育てをしながら、働きたい
  • 持病があるので、体調と相談をしながら自分のペースで働きたい
  • 組織に属したくない
  • 自由に働きたい
  • 両親の介護と仕事のバランスを整えていきたい
  • 満員電車に乗りたくない
  • 会社員として働くことに、限界を感じた
  • 会社が副業を認めているので、家での仕事も考えている
  • インドア派
  • ちょっとしたお小遣いを稼ぐだけでいい
  • 人とコミュニケーションを図るのが苦手だから、1人で黙々と仕事をしたい

以上、あなたに当てはまる項目はありましたか?

家での仕事を始めるのは、会社での仕事を始めるよりも、難しいことがあります。

ですから、在宅ワークに関する情報収集をすることが、とても大切です!

家で仕事をする!在宅ワークのメリット

家で仕事をする!在宅ワークのメリット

「家で仕事をする=在宅ワーク」には、いったいどのようなメリットがあるのでしょうか?

子育て中のお母さん、何らかの事情があって会社へ通勤をするのが難しい状況の人、自由に働くことに憧れを抱いている人などは、ぜひこちらのメリットを確認して頂きたいです。

以下に、まとめてみました。

1.子育てをしながら働くことができる

家で仕事をすれば子育ても同時にできる

「仕事復帰をしたいけれど、子供の預け先が見つからない」「保育園の空き状況によって、職場復帰が左右されるのは悲しい」という女性もいるでしょう。

男女平等社会と言っても、子育てに関してはまだまだ女性が負担する割合が大きく、女性の職場復帰が保育園の空き状況に左右されている状況が続いています。

では、本当に保育園が見つからなければ、働くことはできないのでしょうか?

決して、そのようなことはありません。

会社という場所に足を運ぶ際には、我が子をどこかに預けて来なければならないかもしれませんが、家で仕事をする場合は子供と一緒に過ごしながら、働くことができます。

家での仕事は、子育てと仕事の両立を叶えることができるのです。

「子供を預けなければ、働くことができない」と諦める必要など全くなく、働く場所を自宅から家に移すことで、我が子の成長を近くで見守りながら働くことができのは、とても素敵なことですよね。

子供を預けて働くママだけが「ワーキングマザー」と言われる時代ではなく、自宅で子供を育てながら自分のペースで働くママも、ある意味ワーキングマザーというわけです。

2.時間を自由に使える

家で仕事をすれば時間を自由に使える

会社という組織に属して働いていくことによって、お給料・社会保険・福利厚生など、さまざまな面で守られています。

守られている反面、社員として会社のルールを守らなければいけないのも当然のことです。

毎日決められた時間に出勤をして、決められた場所で会社の方針に従って業務をこなしていくという毎日になるのです。

けれども、家で仕事をする場合は、会社員として働くよりも時間を自由に使うことができます。

いつから仕事を始めるのか、どのような仕事を受けるのか、どんな格好で働くのかなど、すべてにマイルールを適用させることができるのです。

「会社に縛られたくない」「マイペースな性格に合わせた働き方をしたい」という人は、比較的時間を自由に使うことができる、家での仕事に魅力を感じる傾向にあります。

3.時間のロスが少ない

家で仕事をすれば時間のロスが少ない

会社が近ければよいのですが、会社が遠いと通うだけで相当の時間を要します。

通勤時間を仕事や勉強、趣味の時間に充てるなどして充実した時間を過ごせていればよいのですが、中には時間を無駄に過ごしていると感じてしまう人もいます。

毎日満員電車に揺られて、何もできない状態で何時間も過ごしていると、会社に到着した時には疲れ切っているという人も少なくないでしょう。

しかしながら、家が仕事場になっている在宅ワークの場合は、移動時間が無駄だと感じることはないでしょう。

なぜなら自宅が職場になっているので、すぐに仕事に取り掛かることができますし、何より移動や準備のために費やしてきた時間を仕事時間に充てることができるからです。

4.色んな仕事に挑戦できる

家での仕事なら色んな仕事に挑戦できる

会社員として働く場合は、どうしても会社の業務内容や経営方針が社員1人1人の働き方に、大きく影響してきます。

「あなたは、これを担当してください」と言われたら、なかなか他の分野や職種にはチャレンジすることは難しいでしょう。

しかしながら、フリーランスとして家で仕事をしていく場合は、1つの職種に縛られることなく比較的自由に進めていくことができます。

何らかの事情があって、組織に属しながらも在宅での勤務をしている人は当てはまりませんが、フリーランスなら色んな仕事に挑戦できます。

自分の可能性を広げることができるという点は、家で仕事を始める際の大きなメリットになるでしょう。

以上、在宅ワークのメリットをご紹介しました。

家で仕事をするというスタイルは、働きたい世の中にお母さんたちにとっては、新たな人生の一歩を歩むことができるはずです。

これまでは「保育園に預けられない=働けない」というイメージがありましたが、家を職場にすることで、預けなくても働くことができるというわけです。

また仕事や時間に関してさまざまな制約を受けることなく、自由に働きたいという人にとっては、家で仕事をするというのは最高のスタイルに感じるでしょう。

家で仕事をする!在宅ワークのデメリット

家で仕事をするデメリット

次にご紹介するのが、家で仕事をする、在宅ワークのデメリットです。

メリットだけを知っておくのではなく、デメリットもきちんと考えることが大切です。

デメリットを把握しておけば、何かが起きてしまった時にビックリすることがありません。

早速、デメリットも確認していきましょう。

1.自分の実力に報酬が左右される

家での仕事は自分の実力に報酬が左右される

会社という組織に属している以上は、極端な話、会社に通勤をしているだけで固定給をもらうことができます。

しかしながら、フリーランスとして家で仕事をする場合は、自分で仕事を獲得して、こなしていかなければなりません。

つまり、自分の実力によって報酬が左右されてしまうというわけです。

自由気ままに、自分のペースで仕事に取り組むことができる反面、ちょっと気を抜いてしまうと、ガツンと毎月の報酬に表れてしまいます。

自分の力が金額に顕著に表れてしまうので、中には落ち込んでしまう人も少なくありません。

家でフリーランスの仕事に取り組んでいる人の中には「今取り組んでいる仕事が終わりそうになると、次の仕事が来ないかなと不安になってしまう」という人もいます。

安定という素晴らしさを、家で仕事をするようになってはじめて感じることができたという人もいるほどです。

2.集中できない

家で仕事をすると集中できない

頭の中で、会社は仕事をする場所だと分かっているからこそ、会社に行くとピリッと気が引き締まり、仕事をするモードに入り込めます。

自宅を出て、電車に揺られている間に、だんだんと仕事モードになっていくのです。

しかしながら、家での仕事の場合は、切り替えが非常に難しいと言えるでしょう。

ご飯を食べたり、家族と過ごす自宅は、生活の基盤であり、リラックスする場所でもあります。

その場所で、オフモードからオンモードに切り替えて、仕事に取り組むのはなかなか難しいのです。

家での仕事をしっかりとおこなうためには、自己管理能力が問われます。

テレビ・スマホ・食べ物・漫画・雑誌など、さまざまな誘惑がある中で、家で仕事をしていくためには、気持ちの切り替えとやる気がある人でなければ仕事は成立しないでしょう。

3.責任が大きい

家での仕事は責任が大きい

仕事に対する責任の大きさも、家でフリーランスとして仕事を始める時には、覚悟しておかなければならないことです。

何かトラブルが発生した時に、会社という組織に属していれば、会社があなたとクライアントとの真ん中に立って守ってくれます。

しかしながら、フリーランスとして家で仕事をしていく時には、どうでしょうか?

自分の仕事に起きた良いことも、悪いことも、全てあなたに降りかかってくるのです。

家でフリーの仕事を始めた時には、責任の大きさをプレッシャーに感じてしまう人もいるでしょう。

以上が、家で仕事をおこなう際に知っておいて欲しい、デメリットになります。

メリットがあれば、デメリットもあるのが、家での仕事です。

取り組む前にきちんと知っておくことが、とても大切なのですね。

これで儲ける!おすすめの在宅ワーク7選

家での仕事のオススメ!在宅ワーク7選

家での仕事、つまり在宅ワークで儲けるにはどうしたら良いのでしょうか?

1日24時間というのは、誰しも均等に与えられた条件ですから、いかに効率的に割の良い仕事をこなしていくのかがポイントになります。

そこで今回は、おすすめの在宅ワークをまとめてみました。

空き時間にサクッとおこなうものや、実力次第ではかなりの金額を稼げるものまでさまざまです。

ぜひ、参考にしてください。

1.需要が増えている!WEBライター

WEBライターなら家で仕事ができる

「これってどういうことだろう?」「方法が分からないな」という時に、あなたはどのような手段を使って調べますか?

辞書を引く、詳しい人に聞く、書籍で調べるなど、いくつかの方法がありますが、最近では「インターネットを使って調べる」という方法が、一番多いはずです。

そこで、需要が増えているのが、WEBライターです。

書籍のように専門的な知識を散りばめる必要はなく、人々が知りたい情報を分かりやすく伝えていくというのが、インターネットの記事には強く求められます。

もちろん、正誤性は必要不可欠ですが、読み手が楽しく読み進めていけるかどうか、興味を持ってネットショッピングサイトなどに誘導できるかどうかも重要なポイントです。

記事を作成するにあたって、取材が必要な場合もありますが、内容によっては取材なしで書くこともできます。

締切さえ守ることができれば、あとは自分のペースで進めることができるのも、嬉しいポイントです。

最初はライターとしての実績を重ねるために、人材マッチングサイトなどに登録をして、単価の低い案件でも地道にこなしていくことをおすすめします。

案件数が増えていくということは、あなたのライターとしての実績が増えていくということですから、のちに報酬アップにつながっていくことは間違いありません。

<こんな人が向いています>

  • 文章を書くことが好きな人
  • リサーチ能力が優れている人
  • SEOワードの意味が分かる人
  • 基本的なパソコンスキルがある人
  • コツコツとした作業が苦ではない人
  • 自分の仕事を形に残したい人
  • 空き時間を有効活用したい人

2.主婦に人気!覆面調査員

家での仕事ではないが人気がある覆面調査員

楽しみながらできる在宅ワークとして、主婦の方々に人気なのが覆面調査員です。

別名、ミステリーショッパーとも呼ばれています。

主な仕事は、飲食店やエステ、お店などにお客として出向き、覆面調査をしてリポートを提出することです。

依頼するお店側の狙いは「普段、従業員がきちんとした接客をしているかどうか」「いつ行っても、バランスの取れた接客をしているかどうか」を、働いているスタッフに気づかれないようにして調査してもらうことです。

いつもは足を運ばないようなお店などに行くことができますし、飲食代も調査費用としてもらえるので、お得に感じる人も多いです。

<こんな人が向いています>

  • ドキドキ感を味わいたい人
  • 楽しくお金を稼ぎたい人
  • さまざまなジャンルの場所に行ってみたい人
  • 暇な時間をつぶしたい人
  • 子育ての間にリフレッシュしたい人

3.簡単!アンケート

アンケートの仕事なら家でできる

「子供がお昼寝をしている間に、サクッと稼げる仕事がしたい」「暇な時間を有効利用したい」という人には、アンケートのような簡単な在宅ワークをおすすめします。

アンケートのジャンルはさまざまですし、10秒で終わるものから数十分かかるものまでさまざまです。

WEBライターのような仕事は、頭をフル回転させて取り組まなければいけませんが、アンケートに関してはリラックスモード中でも取り組むことができます。

1件当たりの報酬については、あまり高くはありませんが、どのような仕事も塵も積もれば山となる!

日常生活の中のちょっとした空き時間を使って、毎日コツコツと取り組んでいくことが大切です。

<こんな人が向いています>

  • 5分でも、10分でも時間を無駄にはしたくない
  • お小遣い程度の稼ぎで十分な人
  • コツコツ進めるのが、好きな人
  • スマホで空き時間に、いつでもどこでも働きたい
  • あまり責任の大きな仕事はしたくはない

4.文字起こしで稼ぐ

文字起こしで稼ぐ事も家での仕事にはオススメ

文字起こしは、昔から家でもできる仕事として、知名度があります。

講演会や講義、また会議の内容などを録音して、それを聞きながら文章にしていくという仕事内容で、ハッキリ言ってあまり難しくはありません。

しかしながら、実際に文字起こしを取り組んでみた人の中には「思っていた以上に、面倒だった」「頭が痛くなるほど、集中力が必要だった」という声も聞こえてきます。

文字起こしには、3つのタイプがあるってご存知ですか?

1つ目は、録音されている音声のすべてを文字に起こしていく「素起こし」です。

話す人の「えっと」「あー」「んー」などの癖の言葉も全て、文字に起こしていく方法です。

2つ目は、上記のような余計な言葉を削り取るという「ケバ取り」です。

無駄な言葉が削られている分、素起こしよりは読みやすくなりますが、やはり読み手の強い癖は残ったままになります。

3つ目は「整文」という方法です。

録音された音声を文字に起こしながら、書き言葉としても同時に分かりやすく仕上げていくので、最も手間がかかる方法になります。

文字起こし専用アプリなども発売されていることから、今後文字起こしの仕事は少なくなっていくことが予想されます。

けれども今すぐに、家でできる文字起こしの仕事がなくなってしまうわけではありません。

興味のある方は、是非トライしてみてくださいね。

<こんな人が向いています>

  • 文章を書くのが得意な人
  • 集中力が持続する人
  • コツコツと同じ作業をすることが、苦痛ではない人
  • 文字起こしに興味がある人

5.資格を活かす!デザイン系の仕事

資格を活かす!デザイン系の仕事も家での仕事には相性が良い

あなたの身の回りには、デザインやイラストが溢れています。

食べ物や飲み物のパッケージ、商品のロゴ、チラシ、パンフレット、化粧品のデザインなど、デザインなしでは世の中は成り立ちません。

そこで最近、たくさんある家での仕事の中でも、案件数が急増しているのが、デザイン関係のお仕事です。

デザイナ-、イラストレーターなどの仕事は、自宅でもできる職種なので、独立して個人事業主としてされる方も多いです。

アンケートや覆面調査員などのように、ちょっとしたお小遣いを稼ぐためにする仕事というよりは、ガッツリ稼げる家での仕事の代名詞と言えるでしょう。

実力とスキルがあれば、デザイン系のお仕事は、仕事が仕事を呼んできます。

会社所属のデザイナーでいた時よりも、圧倒的に仕事量も報酬もアップしたという人も珍しくない、夢のあるお仕事だと言えるでしょう。

<こんな人に向いています>

  • デザインができる人
  • イラストレーターが使える人
  • デザイン系の職務経歴がある人
  • デザイナーとして独立を考えている人
  • 何かを生み出すことが好きな人

6.電話を使ってトーク

家で電話を使ってトークのお仕事

家でできる仕事に関する特集を、テレビでしてからというもの、注目度が一気にアップしたのが「電話でトーク」をするだけで、高額な収入がゲットできる仕事です。

通称「リスニングスタッフ」と言われることが多いです。

では、電話で誰かと話をするだけで、お金がもらえる家仕事とはどのような内容なのでしょうか?

簡単に仕事内容をご説明すると、第三者の自慢話・愚痴・たわいもない話を聞くだけというお仕事になります。

人の話を聞くだけで良いので、特別な資格も必要ありませんし、家ですぐに始めることができます。

ただし、リスニングスタッフは指名制なので、より多くのお客様に好かれることが高収入をゲットする秘訣になります。

リスニングスタッフを利用する人の多くが「誰でもいいから話を聞いて欲しい」という気持ちを持っています。

家族だからこそ話せないことを聞いて欲しい・大人になるほどに自分のプライドが邪魔をして素直に話せない・ストレス解消にとことん愚痴を聞いて欲しいなど、1人1人目的を持って電話をしてくるのです。

好かれるリスニングスタッフの傾向としては、決して上から目線でアドバイスなどをせずに、とにかく同じ目線で話を聞くことです。

家で気軽にできる仕事ですし、人によっては驚くほどの金額を稼ぐことができます。

<こんな人が向いています>

  • 人と話すことが好きな人
  • 聞き上手と言われたことがある
  • よく人から悩みを相談されるタイプの人
  • コミュニケーション能力の高い人
  • 自宅で静かに電話ができる環境が整っている人

7.やっぱり定番の内職が人気

家での仕事は内職が人気

最近はさまざまな在宅ワークがありますが、やっぱり定番の内職が人気です。

封筒を作る・アクセサリー作り・部品作り・パッケージ包装・ポケットティッシュの広告入れなど、何も考えずに作業ができる内職が人気です。

1つあたりの単価は低いものの、作業が単純なのでサクサクと進められるという魅力があります。

いろんな内職を試していくうちに、自分にとって何が得意で、何が不得意なのかが見えてきますので得意なものを集中的にこなしていくことをオススメします。

<こんな人が向いています>

  • コツコツと進めていきたい人
  • お小遣い程度の稼ぎで良い人
  • 単純作業が好きな人
  • 細かな作業が好きな人
  • 手先が器用な人

以上、おすすめの在宅ワークを厳選してご紹介しました。

家で仕事をするにあたって、まずは自分がどのようなスタイルで働きたいのかを明確にしましょう。

会社員時代と同じくらいの金額を稼ぎたい場合と、子育てを中心にちょこっとお小遣い程度に稼ぎたいのとでは、職種や取り組み方も変わってきます。

ぜひ、自分の働き方をしっかり見つめ直していきましょう。

在宅ワークで儲ける3つのコツ

家で仕事!在宅ワークで儲ける3つのコツ

がむしゃらに取り組んだところで、なかなか結果が伴って来ないのが在宅ワークです。

家での仕事を成功させるためには、きちんと計画を立てて、コツをつかんだ上で進めていくことが大切です。

そこで、在宅ワークで儲ける3つのコツをまとめてみました。

コツ1.集中力を高める

家での仕事は集中力を高める必要がある

家での仕事を成功させたいのなら、集中力を高めて仕事に取り組む時間を、1分1秒でも多く確保することが大切です。

ダラダラと仕事を進めようと思えば、その状況が叶ってしまうのが家での仕事ですから、どれだけ自分で気を引き締めて進めることができるのかがキーポイントになります。

集中力をアップさせる、おすすめの方法はこちらです。

  • 耳栓をして、仕事に取り組む
  • 1つ1つの仕事を短く区切って、時間を決めて取り組む
  • 周りに、集中力をアップさせる青いアイテムを置く
  • ヒーリングミュージックを流しながら、仕事をする
  • チョコレートを食べて、集中力をアップ

コツ2.割の良い仕事を見つける

割りの良い仕事を見つけるのが家での仕事のキモ

家での仕事を成功させるためには、自分で仕事を精査することが大切です。

作業量が多いのに、報酬が低い仕事ばかりをこなしていても、なかなか毎月の合計金額は上がっていきません。

いかに効率的に、割の良い仕事をこなしていくかどうかが、大きなポイントになるのです。

一番効率よく取り組める方法としては、自分の得意分野を伸ばしていくことです。

得意分野の仕事であれば効率的に作業が進められますし、それに加えて自然と仕事の質も高まります。

ですから、仕事が仕事を呼ぶという状況が生まれるというわけです。

仕事を精査することに多少の時間がかかろうとも、在宅ワークを長く続けていきたいのなら、仕事を吟味して取り組んでいくことが大切というわけです。

コツ3.SNSを上手に活用する

家での仕事はSNSを上手に活用する

最近流行りのSNSを上手に活用していくことで、家での仕事を充実させることにつながります。

「会社員時代には営業担当がいたので、自分はデザイン制作だけに集中できた」と話すデザイナーさんも、フリーランスとして独立後は、営業兼デザイナーとして忙しい毎日を送っていると言います。

家でフリーランスとして仕事をしていく場合、SNSが思わぬ営業ツールとなり、仕事が舞い込んでくる可能性が十分にあるのです。

SNSは世界中に発信できる広告媒体でありながら、掲載費が無料なので、絶対に使って損のないインターネット媒体であることは間違いありません。

以上が、在宅ワークで儲けるコツです。

ハッキリとお伝えしますが、家での仕事をはじめて、すぐに会社員時代のように稼ぐことはできません。

自分で実績や経験を1つ1つ積み上げていくことが、報酬につながっていくからです。

家で仕事する方法のまとめ

家で仕事する方法のまとめいかがでしたか?

今回は「家での仕事=在宅ワーク」について、詳しくご紹介しました。

保育園に子供を預けられないから、働くことができないと思わずに、在宅ワークも1つの方法として考えていきましょう。

家で仕事をする場合、自己管理能力と集中力がとても大切になります。

会社という組織に属さずにフリーランスとして家で仕事をする場合、仕事をやった分だけ報酬として返ってくるので、とてもシビアであることは間違いありません。

家での仕事をする場合は、メリット・デメリットをきちんと把握した上で、取り組んでいきましょう。