【中高年は必見】求人探しのコツ&採用される人の特徴とは?

中高年 求人

 中高年の転職者、求人をお探しの人は、必見です!

「この年になると、なかなか雇ってもらえない」「中高年は、年齢制限があって採用してもらえない」という人も多いでしょう。

しかしながら、中高年の求人に注目している企業が、意外と多いということをご存知でしょうか?

これからが伸び盛りの若手社員ではなく、熟された中高年の求人に力を入れている企業があるのも事実です。

そこで今回は「中高年の求人探しのコツ」「採用される人の特徴」について、お話していきます。

中高年が企業で人気!3つの理由に迫る

中高年の求人で人気があるのは?

中高年のみなさんは、自分が置かれた状況を不利だと思い込みがちですが、決してそうではありません。

中高年の求人情報は少なくはありませんし、企業によっては中高年の求人を積極的に募集しているところもあります。

さて、企業が中高年の求人に力を入れる理由は、何なのでしょうか?

理由1.知識と経験が豊富

知識と経験が豊富だから中高年の求人で人気がある

大学卒業の新入社員と中高年の人を比べて、大きな差となってくるのが「知識」と「経験」です。

新卒の場合は、まず挨拶の方法・メールの送り方・お辞儀の仕方・年上の人に対する言葉遣いなど、社会に出てからの常識を教えていくことになります。

しかしながら中高年の人を採用した場合は、ほとんどの場合長年のサラリーマン生活で、社会的な常識は備わっているので、教える必要はありません。

企業が中高年の求人に力を入れる場合は、中高年の方々が長年培ってきた知識と、経験を会社にもたらして欲しいと期待していることが多いです。

ベンチャー企業を経営する若手起業家が、敢えて自らの近くに中高年の人を置いて、自分に足りない知識と経験を補っているというケースも見られます。

「経験は何ものにも代えがたい財産である」という言葉がありますが、まさにその通り!

中には「出世もせずに、毎日淡々と仕事をこなしてきた自分が役に立つかどうか・・・」と謙遜する中高年の方もいますが、それは大間違いです。

経験という宝物がその人に備わっているからこそ、企業は中高年の求人を積極的に打ち出しているのです。

理由2.若手社員の良いクッション材になる

若手社員の良いクッション材になるから中高年の求人は需要がある

若手社員がたくさんいる環境は、とてもアグレッシブに物事が進む反面、社内のいざこざや同僚内での衝突も起きやすくなります。

「ぶつかり合わないと、いいアイディアが生まれない」という考えを持っている社長もいるので、一概に悪いとは言えませんが、中高年が若手社員のちょうど良いクッション材になることは確かです。

同年代でぶつかり合うと、お互いに引くに引けないという状況が出来上がってしまう場合もありますが、年の離れた中高年の社員がいれば、大らかに受け止められることが多いです。

年の功といいますか、状況に応じて言葉や態度を的確に選んで行けるというわけです。

「年齢が違うから、一緒に働きづらいのではないか」と考える経営者も、もちろんいます。

しかしながら「若手社員同士のクッション材として、雰囲気を柔らかくしてくれるのではないか」と期待する経営者も、それ以上にいるのです。

理由3.正社員以外の雇用も受け入れてくれやすい

正社員以外の雇用も受け入れてくれやすいので中高年の求人をする

世間一般的に中高年の求人は少なく、正社員として中高年の求職者が引く手あまたの状況ではありません。

正社員は保険や福利厚生、給与面でも、派遣社員や契約社員よりも条件が優遇されているので、正社員として働くことができるなら、それが一番でしょう。

でも企業が正社員として働かせるにあたって、給与明細には記載されない、さまざまな経費が掛かっていることをお忘れなく。

ですから、間もなく定年を迎える中高年の採用は、正社員以外で募集されていることが多いのです。

若手社員に正社員以外での雇用を条件として提示すると、ほとんどの人が不安を覚えて、入社拒否をしたり、他の企業と検討をします。

しかしながら、中高年の方の場合は、年齢という大きな縛りを自覚しているため、正社員以外の採用方法でも納得してくれる人が多いのです。

企業にとって、さまざまな雇用条件を受け入れてくれる中高年の方は、とてもありがたい存在となるというわけです。

中高年の求人に積極的になる企業があるのも、納得がいきますね。

理由4.人脈に期待をしている

人脈に期待して中高年の求人募集をする

中高年の方は、長年のサラリーマン経験を通して、各種方面にさまざまな人脈を持っていることでしょう。

きっと企業は、その人脈に期待をしているのです。

営業方法の1つに、飛び込み営業がありますが、ハッキリ申し上げて成約に至る可能性はとても低いです。

今まで取引をしていた会社ではないところに出向くと、まずはどのような会社なのか、信頼ができるのかなどを吟味されるところから始まります。

しかしながら、中高年の人を採用して、その人が前職まで培ってきた人脈を頼りにしていけば、飛び込み営業よりは成約に至る確率も高くなるはずです。

仕事は「人と人とのつながり」によるところもありますので、中高年の新入社員の人脈の広さは、大学を卒業したばかりの新入社員とは比べものにならないくらいの価値があるのかもしれません。

ただし、前職で最悪な辞め方をしたり、業界を追放された形で追い出されてしまった時には、人脈を活かすことが難しいと思われます。

以上、企業が中高年の求人を積極的におこなう理由を、ご紹介しました。

中には、年齢的に企業からは優遇されていない存在だと思い込む方もいますが、決してそのようなことはないのです。

中高年の求人案件を積極的に打ち出している会社は、年齢など気にせずに、中高年の方が長年培ってきた知識と経験を重視しています。

年齢が大きな壁になる時もあるでしょうが、年齢を重ねたからこそ、知識と経験、人脈が培われたということもお忘れなく。

でも、なかなか採用されない現実も。どうして?

中高年の求人はなかなか採用されない現実も

企業が、中高年の求人を積極的におこなう理由をご紹介したばかりですが、やはり現実はなかなか厳しいと言われています。

人手不足と言われている世の中なのに、何度受けても履歴書が送り返されてきて、悔しい思いをしている中高年の方もいるでしょう。

<中高年の就職・転職活動における、実情はこちら>

  • 35歳以下の求人が多く、40代の自分が応募できる求人は少ない
  • 書類でいつも落とされる
  • どんなに経験や実績を積み重ねても、年齢でアウト!
  • 中高年の採用を積極的におこなう会社と、そうではない会社の差が大きい
  • 前職でどのような事情があって退職したのかが、中高年の採用の合否を大きく左右すると感じている

やはり、中高年の就職・転職事情はそんなに甘くはないようですね。

中高年の求人募集が難しい・メリットは理解しているけれど、採用に至らないという企業も多いのです。

そこで、さまざまな企業の人事担当者の本音を探ってみました。

<人事担当者の本音をちらり>

  • 若者を中心に採用してきたので、今さら中高年の方を雇うつもりはない
  • 中高年を対象にして求人募集をかけても、あまり良い人が集まらなかった
  • 正社員希望の方が多いが、会社としては中高年をシニアスタッフとして雇いたい
  • 実績や経験を重視しない会社として求人を出している以上、中高年の方は雇えない

業種やジャンルによっても異なりますが、世の中に出回っていない、新しいことをしていきたい会社。

常に時代の最先端に乗り遅れないように、さまざまな情報をキャッチしていきたい会社。

若者をターゲットにしたビジネスを展開していきたい会社などは、どうしても若者を中心に採用する傾向があります。

ですから、職種や会社の経営方針によっては、中高年の採用が非常に厳しい状況のところもたくさんあるのです。

中高年の求人探しのコツ、4選

中高年の求人探しのコツ

確かに状況は厳しいのかもしれません!

でも、中高年を対象にした求人案件を出している会社は、どんどん増えています!

人材不足や後継者不足、若者の入社3年目の転職傾向など、さまざまな要因がある現代で、中高年の需要があるのは確かです。

しかしながら、職種・業界・雇用形態・求人案件の探し方によっては、中高年の方はなかなか採用の2文字が見えてこなくて苦労をしてしまうかもしれません。

そこで、中高年の求人探しのコツを以下に、まとめてみました。

コツ1.正社員にこだわらない

正社員にこだわらないのなた中高年の求人はある

「やっぱり正社員でなければ、安心できない」「正社員の求人案件に限って、探している」という中高年の人も多いです。

確かに正社員は、飲酒運転やセクハラなど自分に大きな非があるケース以外は簡単に解雇することができないので、派遣社員のように更新の時期にビクビクする必要はありません。

また社会保険・育児休暇・育児手当・住宅手当・福利厚生・賞与なども受けることができるので、安心して働いていくことができます。

超高齢化社会と言われて、定年してから人生を終えるまでの時間も長くなっているからこそ、中高年の再就職者たちが正社員にこだわるのも納得できます。

けれども、一般的に年齢という縛りがあることを忘れてはいけません。

中高年の方で、何度受けても採用されないと悩む人に共通していることの1つに、正社員へのこだわりがあります。

なかなか就職・転職先が決まらない中高年のみなさんは、一度正社員の求人案件に限らず、派遣社員や契約社員の求人案件にも目を通してみませんか?

勤務条件は劣ってしまうかもしれませんが、働ける可能性を広げるためには、必要な手段です。

コツ2.自分の特性を活かす

中高年の求人には自分の特性を活かす

中高年の求人選びのコツとして、自分の特性をきちんと理解しておくことが大切です。

自分の特性とは「これだけは誰にも負けない」「この分野に関する知識は、十分に備えている」と胸を張って言える能力や知識、技術のことです。

新しいことにチャレンジするのは、とても素晴らしいことですが、中高年の求人を積極的におこなっている企業は、フレッシュさを求めてはいません。

中高年の人が培ってきた、人脈・知識・技術・経験などに注目をしているのです。

企業が求めるものと、求職者が備えているものが合致した時に、採用の2文字が現実的になるので、中高年の求職者の皆さんは、自分の特性をアピールする準備を整えましょう。

<自分の特性を見つけるポイント>

  • これまでの具体的な業務内容を書きだしてみる
  • 保有資格をリストアップする
  • 得意なこと、不得意に感じることを考える
  • 親しい友人や家族に、自分に長所を聞いてみる

中高年の就職・転職の際には、できるだけ自分が携わってきた分野の求人情報を中心に、探していくことをおすすめします。

新しいことにチャレンジするのが悪いことではなく、ここまで来たからには、自分が身に付けた技術や知識で、もう一度勝負に出てみませんか?という意味です。

コツ3.求人案件に募集するためのアイテムを揃える

中高年は求人案件に募集するためのアイテムを揃える

中高年の求職者の中には、せっかく素晴らしい経歴と実力を兼ね備えているにも関わらず、自己アピール不足によって採用まで至らないというケースも少なくありません。

それは、非常にもったいないことです。

早く仕事を見つけたい、中高年の転職を成功させたいとの焦りから、何の準備もせずに就職活動をはじめてしまう人がいますが、それはNG!

自分の特性や仕事に対する気持ちについて、頭で理解しているのと口に出して誰かに伝えるのとでは、訳が違います。

そこで、突っ走って就職活動を進めてしまわずに、入念な準備を整えていきましょう。

<揃えるアイテムはこちら>

  • 履歴書(資格も忘れずに明記)
  • 職務経歴書(具体的な業務内容を書くように)
  • 自己アピールの文章
  • 自分のスキルを証明できるもの(実際に制作したもの・ポートフォリオ・データ・関わった案件名など)

コツ4.中高年向けの転職サイトを活用

中高年向けの転職・求人サイトを活用

 転職を成功させるコツは「自分にとって有益な情報を、いかに効率的に集めるか」です。

現代社会は、求人雑誌・求人サイト・ハローワークなど、職探しをする時に活用できるアイテムや施設は、とても充実しています。

だからこそ、自分が本当に必要な情報までたどり着かない人や、見極められずに間違った方向に進んでしまう人も少なくありません。

そこで、確実なのが「中高年向けの転職サイト」です。

ミドル世代に特化した転職サイトを活用すれば、年齢制限に関して気にすることもありませんし、企業が中高年の転職者に何を求めているのか分かります。

<おすすめ!ミドルの転職 エンジャパン>

エン転職は、若者に人気の転職情報サイトです。

2018年3月26日現在の求人数は5555件で、エン転職だけに掲載してある求人は、約80%を占めています。

営業・事務・企画・管理・福祉・インターネット・ゲーム・人事・広報・マーケティング・販売・小売・アパレルブライダル・エンジニア・プログラマー・電子・飲食店・医療・機械・不動産・建築・研究・製品開発など、エン転職ではさまざまな職業の求人情報を確認できるのも魅力の1つです。

関連サイトとして、ミドル世代の転職者に定評があるのが「ミドルの転職 エンジャパン」です。

「この年になって、どうやって転職活動を進めて良いのか分からない」という中高年の人でも、大船に乗った気持ちで新たな就職先を見つけられるのが、こちらのサイト。

転職エージェントがいるので、自分では気が付かない可能性や道筋を開いてくれて、転職活動をスムーズにしてくれます。

2000件以上の中高年向け求人情報が掲載されているので、幅広いジャンルから選ぶことができると評判です。

非公開のスカウト求人案件も充実しているので、1人で進めるよりも、より効率的に転職活動をおこなっていくことができるでしょう。

中高年の求人。採用される人の特徴はこれだ!

中高年の求人。採用される人の特徴はこれだ!

中高年の求人案件は、若者世代の求人案件に比べて非常に少ないため、採用される人の数にも限りがあります。

中高年でかつ、正社員として働きたいのなら「企業が採用したくなる人」になれば良いのです。

早速、採用される人の特徴について、確認していきましょう。

特徴1.柔軟な発想や考え方ができる

柔軟な発想や考え方ができる人は中高年の求人で人気がある

「うちのお父さん、頭が固いのよね~」と、家族に言われていませんか?

中高年になると、どうしても頭が固くなってしまいがちなので、家庭内だけではなく、社内でも面倒な存在になってしまいます。

若者と一緒に働くような職場の場合、自らの経験や実績を偉そうに語って、若者の考えを寄せ付けないような人は企業が必要としません。

中高年だからこそ、柔軟な発想や考え方ができないと、若者たちと足並みそろえて仕事をしていくことはできません。

<柔軟な発想や考え方ができるようになる、ポイント>

  • 若者のトレンド敏感になる
  • 相手の考えをはね返さずに、一度受け止める
  • 今までの概念に捉われない
  • 「~しなければならない」という考えは止める
  • 1人で決めないで、みんなで考える姿勢
  • 頭を柔らかくして考える
  • 聞き上手になる

仕事をしていく上で、経験や実績だけがすべてはありません。

ひらめきや新しいアイディアも、重要なポイントになります。

中高年のみなさんは、若者の考えや斬新なアイディアを意味のないものと受け流すことなく、真摯に受け止めていくようにしましょう。

特徴2.同僚と同じ目線で話すことができる

同僚と同じ目線で話すことができる中高年は求人されやすい

中高年の方がやってしまいがちなNG行動に「上目線で話すこと」があります。

自分の知識や経験を年下の同僚にきちんと伝えてあげたいという気持ちはわかりますが、言い方ひとつで印象が全く違ってきてしまいます。

年下の同僚に対して、このような発言をするのはNGです。

  • 俺がバリバリ営業していた頃は、こんなもんじゃなかったぞ
  • 昔は〇〇だったのになぁ~
  • ゆとり世代は、これだから駄目だ
  • 昔の俺みたいに、もっとガッツがなきゃ!
  • 経験には何も敵わないんだ
  • 俺の言うことが正しいんだ
  • 俺についてこい

正直、上記のような威圧的で上から目線の言葉遣いは、イマドキ流行りません。

仕事をしていく上では、年齢にとらわれることなく、1人1人の意見や考え方をきちんと尊重していく気持ちが大切です。

特徴3.新しい働き方を理解して、実践する

新しい働き方を理解して、実践できるかが中高年の求人のカギ

中高年の方が、これまで積み上げてきた実績や経験に自信を持つのは、当たり前のことです。

しかしながら、自分の働き方が絶対に正しいと思い込んで、それを周りの人たちに押しつけていたのなら、大間違いです。

何が正しいのかは、状況や人それぞれ違いますので、自分の基準を押し付けないように気を付けましょう。

企業が採用しやすい中高年の特徴の1つに、新しいことを受け入れられる気持ちの余裕があります。

時代の流れはどんどん進んでいくので、働き手も新しいことを受け入れないことには、良い仕事はできません。

年齢を重ねるごとに、新しいことにチャレンジすることが難しくなったり、自分の実績や経験を誰かに認めて欲しい気持ちが出てきてしまうのも理解できます。

中高年の求職者の皆さんは、そのような気持ちをグッと抑えて、謙虚な気持ちで新たな仕事に向かう姿勢が求められるのです。

特徴4.無駄なプライドが無い

無駄なプライドが無い人は中高年の求人向き

企業に採用される中高年の特徴として、無駄なプライドが無いことが挙げられます。

プライドが全くないのも困りますが、無駄なプライドのせいで、新しい考え方や働き方を受け入れられなかったり、協調性が極端に欠けるのも困ってしまいます。

具体的には、こちら。

  • 若者というだけで、意見を尊重しない
  • 孤立して、同僚と打ち解けようとしない
  • オリジナルの方法でしか、仕事をしない
  • 頑固で、人の意見を取り入れない
  • 昔ながらの考えに固執する

プライドを捨て去るとは、いったいどういうことなのか分からないという人もいるでしょう。

簡単に言えば、自分本位にならずに、周りの人の意見にも耳を傾けていけば良いのです。

意外と、プライドなんて捨て去ってしまった方が、楽に過ごすことができるかもしれません。

特徴5.仕事内容にこだわらない

仕事内容にこだわらない中高年は求人がいくらでも来る

「中高年の再就職をどうしても成功させたい」と思うのなら、仕事内容にこだわらず、どんな職業でもチャレンジしてみようという姿勢が大切です。

絶対に、前職の業務経験や保有資格を活かさなければならないという規定はありません。

採用の可能性を広げるためにも、常に自分の窓口は広くしておきましょう。

希望の業界に再就職できるまで、無職を覚悟でとことん粘ってみるのも、方法の1つ。

「働く」ということを最優先して、職種にこだわらずチャレンジしてみるのも1つです。

以上が、中高年で採用される人の特徴になります。

大切なことは、自分の良さを理解して、第三者にきちんと説明できるようになることです。

職種にこだわって就職先を探していくのか、とりあえずできる仕事を見つけて働くのか?

就職・転職に関するスタンスを決めておくだけで、進め方が大きく変わってきます。

中高年の求人、よくある職種は?

中高年の求人、よくある職種は?

中高年の求人案件は多数ありますが、実際に就職活動をはじめて見ると「こんな業界で必要とされているのか」と気が付く人もいるでしょう。

いったいどのような職種・業界で必要とされているのでしょうか?

参考までに確認していきましょう。

みんなの安全を守る。警備員

警備員は中高年の求人が多い

警備する場所も時間も、現場次第の警備員のお仕事。

指定された現場に出向き、安全を確保しつつ、長時間立っていること、そこにいることが最大の業務となります。

中高年での再就職に不安を覚える人もいるでしょうが、警備員の仕事はどちらかといえば、単純作業なので誰でもできます。

給与は拘束時間によって左右されるので、警備員の職種を選ぶ人のほとんどは、できるだけ長く現場にいることを希望しています。

自由が利く。タクシードライバー

自由が利くタクシードライバーが中高年の求人需要がある

タクシードライバーの仕事は、自由が利くので、中高年の人には人気の職業です。

不規則な仕事だと勘違いされやすいですが、実は日勤と隔日勤務の2タイプのシフトで回していくことになるため、調整しやすいと言われています。

ただし年収は、働く地域によって大きな差が出ます。

利用客が多い都内のタクシードライバーに転職をした人は、勤務時間が増えれば、自然と月収も増えてやりがいを感じると言っていますが、地方ドライバーは給与が伸び悩む傾向にあります。

売上や勤務時間が給与に反映されやすい職業なので、やる気のある人におすすめします。

こんなお仕事も!保育補助スタッフ

保育補助スタッフも中高年は求人は意外にある

核家族の増加によって、子供たちにとって「おじいちゃん・おばあちゃん」があまり身近な存在ではなくなっている傾向にあります。

離れて住んでいると、1年に数回しか顔を会わせられないという子供たちも多いですよね。

そこで、シニアスタッフを起用しているのが、子育て支援センターや保育園・幼稚園などの保育補助スタッフです。

コマやお手玉などを使った昔ながらのおもちゃを使って遊んだり、時には子育てに悩むママの話し相手になってあげたりと、親子をまるごと包み込む存在になっているのです。

中高年からの転職。諦めないのが一番

中高年からの転職。諦めないのが一番

いかがでしたか?

今回は、中高年の求職者の人は必見「求人探しのコツ&採用される人の特徴」についてご紹介しました。

中高年からの転職は、決して簡単な道ではないかもしれません。

でも、諦めないことが一番大切です。

中高年の皆さんは、自分の経験・実績・技術に自信を持って、それを新しい会社の人に積極的にアピールできるようにしましょう。

素晴らしい実績や実力を持っていても、それが相手に伝わらないのであれば、宝の持ち腐れです。

柔軟な思考や協調性を大切にして、これから会社を引っ張っていくであろう若者たちと肩を並べて働いていく覚悟を持っていくことが大切です。

ミドルの実力を、ここぞとばかりに見せつけてあげましょう!